『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

『浮世絵・錦絵』 などを見る

歌川広景うたがわひろかげ江戸名所えどめいしょ道戯尽どうけづくし
画像ポップアップ 
画像スライド 
『歌川広景・江戸名所道戯尽(江戸名所道外尽・江戸名所道化尽)』
= 安政6年〜文久元年・1859〜1861年 =

《画像スライド》

  • 歌川広景うたがわひろかげ は、歌川広重の門人とされる浮世絵師。作画期は安政6年(1859年)正月から文久元年(1861年)8月までの僅か2年8ヶ月で、その多くが安政6年と万延元年(1860年)の2年間に集中しているとされます。
  • この「江戸名所えどめいしょ道戯尽どうけづくし」では、江戸の名所を描きながら、江戸の人々の滑稽な姿を写し出しています。
  • 釣り鉤に引っかかったり、風に飛ばされたり、転んだり、臭かったり、犬に噛まれたりしています。
  • どのような様子が描かれているか、それぞれの絵で確かめてください。
  • ここでは、「江戸名所道戯尽(江戸名所道外尽・江戸名所道化尽)」の50枚の絵のうち、国立国会図書館が所蔵する39枚の画像を連続して表示します。
  • マウスや画面スワイプ、キーボードの で画像を前後にスライドさせることができます。
  • 画像をクリックするとストップします。再スタートするには画面をスワイプするか、下の「」か「」をクリックしてください。「」は現在位置です。
  • 下の「」をクリックしてそれぞれの画像を見ることができます。左が「1番」です。
  • このページでは、画像を明るくするために当サイト独自の色彩補正を行っており、引用した国立国会図書館が公開している原画とは色調が違います。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/10/14