『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
   『歌川広重/諸国六玉川』「目次」 
  • これは、メトロポリタン美術館が所蔵する歌川広重の『諸国六玉川しょこくむたまがわで、安政4年・1857年)の作品です。
  • 六玉川むたまがわ は、歌枕に使用される全国の六つの玉川の総称です。
    野路の玉川(近江国)、三島の玉川(摂津国)、野田の玉川(陸奥国)、 調布 たづくり の玉川(武蔵国)、井手の玉川(山城国)、 高野の玉川(紀伊国)
  • この絵の表題は『拙津擣衣せっつとうい』で、この玉川は、かつての摂津国の大阪府高槻市を流れる三島の玉川。
  • 擣衣とういは、きぬた で衣を打つこと。この絵にその様子が描かれている。
  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。
  • 拡大した画面上部の「  」をクリックすると全画像をスライドして見ることができます。

諸国六玉川 しょこくむたまがわ
= 歌川広重 =
《 拙津擣衣せっつとうい 》

『千載集』

源俊頼

(みなもとのとしより)
松風の
音たに秋は
寂しきに
衣うつなり
玉川のさと
松風の
音だに秋は
寂しきに
衣打つなり
玉川の里
  • 松風の 音たに秋は 寂しきに 衣うつなり 玉川のさと
  • 松風の 音だに秋は 寂しきに 衣打つなり 玉川の里
  • まつかぜの おとだにあきは さびしきに ころもうつなり たまがわのさと
  • (千載集・源俊頼)

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/11/21