『浮世絵・錦絵』などを見る「目次」 

『浮世絵・錦絵』などを見る

歌川国芳
東都三ッ股之図とうとみつまたのず
画像ポップアップ 
全画像スライド 
  • 江戸時代末期の浮世絵師、歌川国芳うたがわくによし(寛政9年・1798年 - 文久元年・1861年)の「東都三ッ股之図とうとみつまたのず」。
  • 天保2−3年(1831−1832)頃の作品とされる。
  • この図は、東京スカイツリーに似た建造物が建っていると話題に。
  • 手前に船腹を焼く船大工が二人。この作業は船の防腐のため。貝を獲る女性や、船で荷物を運ぶ姿なども描く。
  • 画面右に大きく永代橋を描き、その向うは佃島。左の遠景には万年橋が描かれ、その近くに不思議な形状の巨大建造物が建つ。これは、この絵から約180年後に建つ「東京スカイツリー」の予言だったのか?
  • 井戸掘りのやぐら ではないかともいわれるが、それにしても高い。左に火の見櫓が見られるが、これもかなり高く描かれているので誇張があると思われる。右奥の佃島にも大きな櫓が建つ。葛飾北斎も、「冨嶽三十六景 東都浅艸本願寺」で大きな櫓を描いている。
  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。
  • 拡大した画面上部の「  」をクリックすると全画像をスライドして見ることができます。
  • ここでは、シカゴ美術館、ボストン美術館、メトロポリタン美術館が所蔵する版を見ることができます。
 歌川国芳「東都三ッ股之図」
[シカゴ美術館蔵]
[ボストン美術館蔵]
[メトロポリタン美術館蔵]
 歌川国芳「東都三ッ股之図」
 シカゴ美術館所蔵版より部分図
  『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/02/17