『浮世絵・錦絵』などを見る「目次」 

『浮世絵・錦絵』などを見る
江戸の火消ひけし・江戸のまとい

月百姿つきのひゃくし」より『烟中月えんちゅうのつき
月岡芳年つきおかよしとし
明治19年・1886年
  • 月岡芳年つきおかよしとし の、「月百姿つきのひゃくし」より『烟中月えんちゅうのつき』。
  • 明治19年〈1886〉の作品。国立国会図書館蔵。
  • 「一番組 い組」の纏の先に、ごうごうと燃え盛る炎ともうもうと上がる煙。その先には満月が見える。
  • 「纏」の字が見える半纏は「纏持ち」が着るもの。革頭巾には「い組」の文字。
  • 月岡芳年の「月百姿つきのひゃくし 」は、和漢の物語や詩歌、謡曲などの月にまつわる場面を題材とした全100点揃物の大判錦絵で、延べ8年を掛けて完結し、1892年・明治25年6月の芳年の死の直後に100作品に目録と序文を添えた画帖が発売された。芳年の代表作の一つと評される。
      月岡芳年「月百姿」  
  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。
《ちょっと知識》 「い組」の纏は「 芥子けしの実にます 」の図案とされることもあり、”消します” の洒落で大岡越前守が命名したとの説もある。
月百姿/烟中月
月岡芳年つきおかよしとし
  『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/06/26