人倫訓蒙じんりんきんもう図彙ずいに見る、『江戸時代の職業・職人』
= 元禄の商人あきんど・元禄の細工人さいくにん・元禄の職人しょくにん =

  「江戸時代の職業」目次へ
  「人倫訓蒙図彙」目次へ
人倫訓蒙じんりんきんもう図彙ずい・第四巻・商人部あきんどのぶ」より
仏師ぶっし
人倫訓蒙図彙・
【仏師】
釈迦仏、御母摩耶夫人まやぶにん忉利天とうりてんに御出生有事をしろしめして、彼天に上り、摩耶報恩経をとき給ふ。其御留守のうち、仏をみ奉らぬ事をなげき、修達長者しゆだつちやうじや毘首羯磨天びしゆかつまでんに仏像を作らしむ。是始也とかや。日本にて、聖徳太子の御時、大唐より鳥仏師と云細工人来り、太子に仕へ奉り作りしを、太子の作と云なり。後一条院の御時、定朝ぢやうてう江州坂本大宮に住する故、大宮杉と号す。安元年中に運慶と云仏師あり、七条形の元祖なり。(略)
人倫訓蒙じんりんきんもう図彙ずいは、元禄3年・1690年 に出版された、江戸時代前期・元禄期の生活を図解した風俗事典です。全七巻からなり、公卿から庶人まであらゆる身分の様々な職業を、用いられる器物を上げながら簡単な解説を加えています。著者は分かっていませんが、絵は蒔絵師の源三郎などの筆によるものです。上方で出版され、京都を中心とした当時の風俗や生活を知ることができます。
 ここでは、第四巻「商人部あきんどのぶ」、第五巻「細工人部さいくにんぶ」、第六巻「職之部しょくのぶ」に登場する様々な人々の姿を見てみます。
 画像は、元禄3年・1690年 刊・国立国会図書館所蔵によります。
  • 上の絵にマウスを乗せると、部分的に拡大して表示されます。
≪≪ 目次・表紙へ (全ての画像を連続して見られるリンクも)

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/05/16