人倫訓蒙じんりんきんもう図彙ずいに見る、『江戸時代の職業・職人』
= 元禄の商人あきんど・元禄の細工人さいくにん・元禄の職人しょくにん =

  「江戸時代の職業」目次へ
  「人倫訓蒙図彙」目次へ
人倫訓蒙じんりんきんもう図彙ずい・第四巻・商人部あきんどのぶ」より
扇所おうぎどころ扇折おうぎおり
人倫訓蒙図彙・
【扇所・扇折】
唐土もろこしより始りて其時代さだかならず。古語に月長山ちやうざんに入ぬれば扇を上てこれを教ゆ、といふ時ははるかの上古と聞こえたり。都におゐて城殿折きどのおり、是根本なり。城殿今鷹司たかつかさ通の西にぢうす。畳紙たゝうがみ此家に作り名物とす。扇、畳紙、共に公家より此所にもとめらるゝなり。中此より五条の御影堂の僧これをなす。女の業なり。扇あまたの手にわたれり。地紙師、絵師、骨師、かなめ師、箱指はこさし等、外にあり。末広、中化ちうけ等は、公家、出家これをもつ。舞扇は能太夫、狂言師これを持。舞扇師、小川町通上立売の下にあり。近世由禅扇ゆふぜんあふぎとて一風あり。
注:上の絵において「扇所」と表記されている部分は、人倫訓蒙図彙本文では「扇折」という文字が使われ、「あふきところ」と振り仮名が振られている。「扇折」が、扇を折る行為の意味と合わせて扇を作る人も指すとされることから、このページでは「扇所おうぎどころ」と「扇折おうぎおり」を併記した。
人倫訓蒙図彙・
人倫訓蒙じんりんきんもう図彙ずいは、元禄3年・1690年 に出版された、江戸時代前期・元禄期の生活を図解した風俗事典です。全七巻からなり、公卿から庶人まであらゆる身分の様々な職業を、用いられる器物を上げながら簡単な解説を加えています。著者は分かっていませんが、絵は蒔絵師の源三郎などの筆によるものです。上方で出版され、京都を中心とした当時の風俗や生活を知ることができます。
 ここでは、第四巻「商人部あきんどのぶ」、第五巻「細工人部さいくにんぶ」、第六巻「職之部しょくのぶ」に登場する様々な人々の姿を見てみます。
 画像は、元禄3年・1690年 刊・国立国会図書館所蔵によります。
  • 上の絵にマウスを乗せると、部分的に拡大して表示されます。
≪≪ 目次・表紙へ (全ての画像を連続して見られるリンクも)

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/05/16