人倫訓蒙じんりんきんもう図彙ずいに見る、『江戸時代の職業・職人』
= 元禄の商人あきんど・元禄の細工人さいくにん・元禄の職人しょくにん =

  「江戸時代の職業」目次へ
  「人倫訓蒙図彙」目次へ
人倫訓蒙じんりんきんもう図彙ずい・第四巻・商人部あきんどのぶ」より
蒔絵師まきえし時計師とけいし
人倫訓蒙図彙・
【蒔絵師】
五十嵐、蝶屋、山本、田村、原田等の家あり。中にも五十嵐は東山殿の時名人也。将軍慈照院義政公蒔絵をあひし給ひて、五十嵐にかゝしめ給へり。今にいたつて時代物と称じ、東山殿御物ごもつと号して世上の宝となす。其様比類なきもの也。重箱をはじめ指物さしもの下地師したぢし、別にあつて是を木地きぢ師といふ也。釘をもちゐず、にかはにてこれをつくる也。下絵かき、外にあり。金銀のふんや、同切金師きりかねし等、外にあり。
【時計師】
出所いまだかんがへず。唐書に所謂時鳴鐘じめいしやう是也。京御幸町八幡丁上ル丁平山武蔵、堀川通中立売上ル丁元佐げんさ。其外所々にあり。江戸弓町理右衛門、鍛治かぢ橋元信、乗物町正次まさつぐ
人倫訓蒙じんりんきんもう図彙ずいは、元禄3年・1690年 に出版された、江戸時代前期・元禄期の生活を図解した風俗事典です。全七巻からなり、公卿から庶人まであらゆる身分の様々な職業を、用いられる器物を上げながら簡単な解説を加えています。著者は分かっていませんが、絵は蒔絵師の源三郎などの筆によるものです。上方で出版され、京都を中心とした当時の風俗や生活を知ることができます。
 ここでは、第四巻「商人部あきんどのぶ」、第五巻「細工人部さいくにんぶ」、第六巻「職之部しょくのぶ」に登場する様々な人々の姿を見てみます。
 画像は、元禄3年・1690年 刊・国立国会図書館所蔵によります。
  • 上の絵にマウスを乗せると、部分的に拡大して表示されます。
≪≪ 目次・表紙へ (全ての画像を連続して見られるリンクも)

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/05/16