『今様職人尽百人一首いまようしょくにんづくしひゃくにんいっしゅ』に見る、『江戸時代の職業・職人』

  「江戸時代の職業」目次へ
  「今様職人尽百人一首」目次へ
今様職人尽百人一首いまようしょくにんづくしひゃくにんいっしゅ」より
屋根方やねかた
【屋ねかた】
屋根の裏に釘打つ音の拍子よく軒の小舞にいたはふきつつ
《本歌》
山部赤人
田子の浦に うち出でて見れば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ
今様職人尽百人一首いまようしょくにんづくしひゃくにんいっしゅは、江戸中期の享保年間(1716年〜1735年) 刊とされ、版本の挿絵を中心に江戸で活躍した絵師、近藤清春こんどうきよはるの作並びに画です。小倉百人一首の作者と、その歌の語呂をあわせながら主題の職人を狂歌にもじったものです。
 ここでは、近藤清春の画と狂歌で江戸時代の職人の姿「百種」を見てみます。
 画像は、昭和3年・1928年刊・国立国会図書館所蔵によります。
  • 上の絵にマウスを乗せると、部分的に拡大して表示されます。
≪≪ 「今様職人尽百人一首」目次へ (全ての画像を連続して見られるリンクも)

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/05/16