『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
  「江戸時代の職業」目次 

三十二番職人歌合さんじゅうにばんしょくにんうたあわせ 』に見る、『中世の職業・職人・商人』

 「三十二番職人歌合さんじゅうにばんしょくにんうたあわせ」 
 三十二番職人歌合さんじゅうにばんしょくにんうたあわせは、中世に制作された『職人歌合』の一つで、室町時代の明応3年・1494年 に作られたのではないかとされます。
 ここで引用した「三十二番職人歌合」は、江戸時代の天保9年・1838年 に、国学者伴信友ばんのぶとも の「写」として刊行された「職人歌合画本」に収載された版を使用しています。
 このページでの「三十二番職人歌合」は、国立国会図書館が所蔵し公開している画像を引用していますが、画像を明るくするために当サイト独自の色彩補正を行っており、国立国会図書館が公開している原画とは色調が違います。また、職人名、職業名は出来るだけ現代の漢字で表記するようにしまた、歴史的仮名遣いから現代仮名遣いにしました。
 このページでの画像は、拡大したり、マウスを乗せて天眼鏡のレンズのように拡大して見ることができます。
 *ここから下の画像は、マウスを乗せると天眼鏡のレンズのように拡大して見ることができます。
万歳法師・絵解
万歳法師まんざいほうし
千秋万歳法師せんずまんざいほうしとも。
絵解えとき
獅子舞
獅子舞ししまい
猿牽
猿牽さるひき
猿飼さるかいとも。
鶯飼・鳥刺
鶯飼うぐいすかい
鳥刺とりさし
大鋸引
大鋸引おおのこひき
鋸挽おがひきとも。
石切
石切いしきり
桂の女・桂女・鬘捻
桂の女かつらのめ
桂女かつらめとも。
鬘捻かずらひねり
算置・薦・薦僧・虚無僧
算置さんおき
こも
薦僧こもそう虚無僧こむそうとも。
高野法師・高野聖・巡礼
高野法師こうやほうし
高野聖こうやひじりとも。
巡礼じゅんれい
鉦叩・胸叩
鉦叩かねたたき
胸叩むねたたき
表補絵師・経師・表具師
表補絵師ひょうほうえし
表具師ひょうぐし経師きょうじとも。
張殿・張物師
張殿はりどの
※洗い張りを生業とする者。張物師はりものし張物屋はりものや張屋はりやなどとも。
舟人・渡守・輿舁
舟人ふなびと
渡守わたしもりとも。
輿舁こしかき
農人・庭掃
農人のうにん
庭掃にわはき
※帯刀した老人と、助手の童子。
材木売・竹売
材木売ざいもくうり
竹売たけうり
結桶師
結桶師ゆいおけし
火鉢売
火鉢売ひばちうり
糖粽売・地黄煎売
糖粽売あめちまきうり
地黄煎売じおうせんうり
箕作売・樒売
箕作売みのつくりうり
樒売しきみうり
菜候売・菜売・鳥売
菜候売なそううり
菜売なうりとも。
鳥売とりうり

  「江戸時代の職業」目次

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/12/06