『近世流行商人狂哥絵図』に見る
「江戸時代の行商人と売り声」
= 曲亭馬琴 =

七色唐がらし売りなないろとうがらしうり
近世流行商人狂哥絵図・七色唐からし賣/七色唐がらし売り
  • 絵にマウスを乗せると、部分的に拡大して表示されます。
 ・原文/翻刻(歴史的仮名遣い。*変体仮名は現用に置き換え)

《近世流行商人狂哥絵図》


七色唐からし賣



とん〳〵〳〵たうからし
ひりゝとからいは
さんしよのこ
すわ〳〵からいは
こしようの粉
けしの粉
胡麻のこ
ちんひの粉
とん〳〵〳〵
たうがからし
 ・読み下し(現代仮名遣い・漢字交じり・振り仮名)

《近世流行商人狂哥絵図》


七色唐がらし売り

なないろとうがらしうり


とんとんとん唐辛子とうがらし
ぴりりとからいは
山椒さんしょ
すわすわからいいは
胡椒こしょう
芥子けし
胡麻ごま
陳皮ちんぴ
とんとんとん
唐辛子とうがらし
  • 自分の身の丈よりも大きい、六尺(約 1.8 m)もあろうかという真っ赤な張り子の唐辛子を担いで七色唐辛子を売り歩いた。
  • その時の売り声が「とんとんとん唐辛子 ぴりりと辛からいは山椒の粉」で、妙文句と相まって張り子の唐辛子を担いだ売り子は人気を集めたと言う。
『七色唐からし賣/七色唐がらし売り』(曲亭馬琴・近世流行商人狂哥絵図)
・原文/翻刻(歴史的仮名遣い。*変体仮名は現用に置き換え)
とん/\/\たうからし
ひりゝとからいは さんしよのこ
すわ/\からいは こしようの粉
けしの粉
胡麻のこ
ちんひの粉
とん/\/\たうがからし
・読み下し(現代仮名遣い・漢字交じり・振り仮名)
とんとんとん唐辛子とうがらし
ぴりりとからいは  山椒さんしょ
すわすわからいいは  胡椒こしょう
芥子けし
胡麻ごま
陳皮ちんぴ
とんとんとん唐辛子とうがらし

近世流行商人 きんせいりゅうこうあきんど 狂哥絵図 きょうかえず は、曲亭馬琴きょくていばきん (明和4年6月9日(1767年7月4日) - 嘉永元年11月6日(1848年12月1日)/江戸時代後期の読本作者。代表作は『椿説弓張月』『南総里見八犬伝』)の作品です。天保6年・1835年 に刊行されたもので、江戸時代の行商人の姿と売り声を記しています。

 「二十三番狂歌合」「流行商人絵詞二十三番狂歌合」「近世商人狂歌合」などとも呼ばれます。

 画像は国立国会図書館所蔵によります。このページでは、画像を明るくするために当サイト独自の色彩補正を行っており、国立国会図書館が公開している原画とは色調が若干違います。


おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/05/16