作品に出てくるものの数え方(助数詞)
 
ご利用について      ものの数え方参考書
次へ[ランダムジャンプ]
領
作 家
作 品
紫式部
與謝野晶子 訳
【源氏物語 梅が枝】
源氏は贈り物に、自身のために作られてあった直衣(のうし)一領と、手の触れない薫香(くんこう)二壺(ふたつぼ)を宮のお車へ載せさせた。
紫式部
與謝野晶子 訳
【源氏物語 総角紫式部】
薄紫の細長一領に、三重襲(かさね)の袴(はかま)を添えて纏頭(てんとう)に出したのを使いが固辞して受けぬために、物へ包んで供の人へ渡した。
芥川龍之介
【邪宗門】
女房たちの間には、忍び笑いの声が起りましたが、侍が続いて、
「みどりの糸をくりおきて夏へて秋は機織(はたお)りぞ啼く。」と、さわやかに詠じますと、たちまちそれは静まり返って、萩模様のある直垂(ひたたれ)一領、格子の間から月の光の中へ、押し出して下さいました。
泉鏡花
【紅玉】
もとに立戻りて、また薄(すすき)の中より、このたびは一領天幕(テント)を引出し、卓子(テェブル)を蔽(おお)うて建廻す。
佐々木味津三
【旗本退屈男 第十一話 千代田城へ乗り込んだ退屈男】
さればこそ、蓋を払うと同時に現れた胸前は、紫縒糸(よりいと)、総絹飾り房の目ざましき一領でした。
岡本綺堂
【箕輪(みのわ)心中】
彼は黙って起ちあがって、床の間の鎧櫃(よろいびつ)から一領を引き摺り出して来た。
田山花袋
【道綱の母】
七月になつてからであつた。ある日、使のものが古い衣と新しいのと一領づゝ物に包んで、急いでそれを仕立直すやうにとて持つて來た。
作者不詳
国民文庫
(明治43年)
校訂: 古谷知新
【源平盛衰記】
其上大名三十人に仰て、一人別の結構には、鞍置馬裸馬各一匹、長櫃一合、其中には宿物一領小袖十領、直垂五具、絹十匹入べし、此外不可過分と被下知ければ、三十人面々に我おとらじと、馬は六鈴沛艾を撰び、鞍は金銀を鏤たりけれ共、下らざりければ、是も面々に本意なき事にぞ思ひ申ける。
 
   
 
 
 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/05/16