作品に出てくるものの数え方(助数詞)
 
ご利用について      ものの数え方参考書
次へ[ランダムジャンプ]
椀
作 家
作 品
芥川龍之介
【しるこ】
しかしあの逞(たくま)しいムツソリニも一椀(わん)の「しるこ」を啜(すゝ)りながら、天下(てんか)の大勢(たいせい)を考(かんが)へてゐるのは兎(と)に角(かく)想像(さうぞう)するだけでも愉快(ゆくわい)であらう。
尾崎紅葉
【二人比丘尼色懺悔】
草鞋とつて主人が勧むる微温湯に足を濯ぎ。導かれて炉に近く坐を占め。初対面の挨拶。やがて渋茶一椀。饗応ぶりにさしくべる榾の。焚上る炎に客は背ける顔。
岡本かの子
【初夏に座す】
この際、忙中寸暇を割いて、座つて落ち付いて見る、場所はあまり物を置かない庭向きの座敷がいい、新茶一椀を啜つて見るのもいい、これは決して贅沢でも閑人でもない。
海野十三
【敗戦日記】
自分もこの二、三日腹が減ってかなわず、なんということもなく廊下トンビをくりかえしていて、おやと気がつく。子供は騒いでいないのに、おやじの私がこのていたらくでは困ったものだと赧(あか)くなる次第である。 もっとも、昼は雑炊二わんであるので、減るのも無理はない。
 
   
 
 
 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/05/16