作品に出てくるものの数え方(助数詞)
 
ご利用について      ものの数え方参考書
次へ[ランダムジャンプ]
山
作 家
作 品
芥川龍之介
【樗牛の事】
その上荒れはてた周囲の風物が、四方からこの墓の威厳を害している。一山(いっさん)の蝉(せみ)の声の中に埋(うも)れながら、自分は昔、春雨にぬれているこの墓を見て、感に堪えたということがなんだかうそのような心もちがした。
横光利一
【比叡(ひえい)】
伝教とて一山をここに置く以上は、衆生(しゅじょう)済度の念願もこのあたりの淋(さび)しさの中では、凡夫の心頭を去来する雑念とさして違う筈(はず)はあるまいと思われた。
幸田露伴
【連環記】
自分の師の慈慧が僧正に任ぜられたので、宮中に参って御礼を申上げるに際し、一山の僧侶(そうりょ)、翼従甚だ盛んに、それこそ威儀を厳荘にし、飾り立てて錬り行った。
泉鏡花
【七宝の柱】
まったく、一山(いっさん)の仏たち、大(おおき)な石地蔵(いしじぞう)も凄(すご)いように活きていらるる。
宮本百合子
【人民戦線への一歩】
やっぱり、口かず少く、百匁五十五円のマグロ、一山十五円のカキの皿を眺めおろしているのであった。
宮本百合子
【私たちの建設】
胃嚢は、つまるところ闇の食物で満たして行かなければならなかった。五、六百円の金が一皿五円のおでんを食べて、一山十円の蜜柑を食べて、何ヵ月もつというのだろう。
森鷗外
【独身】
実は今朝托鉢(たくはつ)に出ますと、竪(たて)町の小さい古本屋に、大智度論(たいちどろん)の立派な本が一山積み畳ねてあるのが、目に留まったのですな。
芥川龍之介
【杜子春】
あの老人の言葉通り、夕日に影を映して見て、その頭に当る所を、夜中にそつと掘つて見たら、大きな車にも余る位、黄金が一山出て来たのです。
太宰治
【お伽草紙】
「真珠?」と浦島は驚き、「いや、嘘だらう。たとひ真珠を十万粒二十万粒積み重ねたつて、あれくらゐの高い山にはなるまい。」
「十万粒、二十万粒とは、ケチな勘定の仕方だ。竜宮では真珠を一粒二粒なんて、そんなこまかい算へ方はしませんよ。一山(ひとやま)二山(ふたやま)、とやるね。
 
   
 
 
 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/05/16