きょう:
 *きょうの日付は合っていますか。
 *日付の表示が合っていない場合は、こちらをご覧ください 
 プログラムに不具合があるとのご指摘をいただき、明治6年(1873年)1月1日以降対応版として再構築致しました。明治6年以前については、下記の外部リンクなどをご利用ください。
 ご指摘ありがとうございました。
(2019/07/03)
  • このプログラムは、明治6年(1873年)1月1日以降で有効です。
  • これは、日本でのグレゴリオ暦の採用に係わるもので、一般に旧暦と呼ばれる天保暦(太陰太陽暦)の明治5年12月2日(グレゴリオ暦1872年12月31日)の翌日を、新暦と呼ばれる太陽暦の明治6年1月1日(グレゴリオ暦1873年1月1日)としました。そのため、和暦での明治5年12月3日から12月31日は存在せず、このプログラムではこのことに対応しておりません。

和暦 ⇒ 西暦変換

  • 元号を選ぶことができます。
  • 明治6年(1873年)1月1日以降で有効です。
年  月  日  
西暦:
元号の確認と曜日:

西暦 ⇒ 和暦変換

  • 西暦を入力します。
  • 明治6年(1873年)1月1日以降で有効です。
《改元日について》
明治45(1912)年は7月30日、大正15(1926)年は12月25日、昭和64(1989)年は1月7日までです。ただし、大正・昭和の「改元の詔書」によれば、「明治45年7月30日」と「大正元年7月30日」、「大正15年12月25日」と「昭和元年12月25日」はともに存在します。これは即日改元であったためで、ちなみに昭和から平成へは翌日改元となり、昭和64(1989)年は1月7日まで、平成元(1989)年は翌日の1月8日からです。令和(2019)年は5月1日からです。
  • ここに外部リンクとして掲載したツールは、和暦・ユリウス日・ユリウス暦・グレゴリオ暦などの相互変換に対応し、年月日で変換することもできます。
  • このツールでは、ローマ法王グレゴリオ13世が、ユリウス暦からグレゴリオ暦への転換を宣言した1582年10月4日(天正10年9月18日)までをユリウス暦で、その翌日の1582年10月15日(天正10年9月19日)以降を現行のグレゴリオ暦で表現することを推奨しており、それにより、出来事などの国際的な比較が容易になるとしています。
  

自分なりの法則を作っての、和暦と西暦の変換

  和暦と西暦を変換するには、次の数字を覚え計算するのも一つの方法です。
明治:67
大正:11
昭和:25
平成:88
令和:18
と覚え、
  • 和暦から西暦へは、この数字を「足し」、西暦から和暦へは、この数字を「引く」と覚えます。
  • この数字は、それぞれが改元された前年の「1867年」「1911年」「1925年」「1988年」「2018」の下二桁です。
  • このように、どの改元でも、改元された前年の西暦の下二桁を使えば計算ができることになります。
  • ただし、正確には改元された月日に留意する必要があります。
  • 「令和」の「18」は、「018 = れいわ」と語呂合わせで覚えることもできます。

この数字を使っての計算は、例えば、

明治13年に「67」を足すと「80」になり、それは「1880年」のこと。
明治40年に「67」を足すと「107」になり、それは「1907年」のこと。
大正14年に「11」を足すと「25」になり、それは「1925年」のこと。
昭和45年に「25」を足すと「70」になり、それは「1970年」のこと。
平成10年に「88」を足すと「98」になり、それは「1998年」のこと。
平成16年に「88」を足すと「104」になり、それは「2004年」のこと。
令和3年に「18」を足すと「21」になり、それは「2021年」のこと。

「1880年」から「67」を引くと「1813」になり、それは「明治13年」のこと。
「1907年」から「67」を引くと「1840」になり、それは「明治40年」のこと。
「1925年」から「11」を引くと「1914」になり、それは「大正14年」のこと。
「1970年」から「25」を引くと「1945」になり、それは「昭和45年」のこと。
「1998年」から「88」を引くと「1910」になり、それは「平成10年」のこと。
「2004」から「88」を引くと「1916」になり、それは「平成16年」のこと。
「2021」から「18」を引くと「2003」になり、それは「令和3年」のこと。

 もちろん、「1867」「1911」「1925」「1988」「2018」を足し引きすればそのままの数字が出せますが、二桁の方が覚えやすいので、「明治 :67」「大正:11」「昭和:25」「平成:88」「令和:18」と覚えると便利かも知れません。


おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/07/09