『浮世絵・錦絵』などを見る「目次」 

『浮世絵・錦絵』などを見る

『 白面笑壁のむだ書はくめんしょうかべのむだがき 』
歌川国芳うたがわくによし
= 全画像スライド =
画像ポップアップ 
全画像スライド 
  • 江戸時代末期の浮世絵師、歌川国芳うたがわくによし(寛政9年・1798年 - 文久元年・1861年)の白面笑壁のむだ書はくめんしょうかべのむだがき
  • 壁のいたずら書きを装った役者絵で、絵の中の文字や、芳桐印、版元印まで拙い手書き風としている。
  • 「みんなわらつているやうだ(みんな笑っているようだ)」「なるほど」「あいかはらづ(相変わらず)」「国よしゑがく(国芳描く)」「かをだ(顔だ)」「なるほど」「めうだ(妙だ)」「おちやのこ(お茶の子)」「またをかぶだ(また御株だ)」「はんもと」などの文字が見られる。
  • 白面笑壁のむだ書」と似た作品に「荷宝蔵壁のむだ書」があります。
    「荷宝蔵壁のむだ書」を見る 
  • マウスや画面スワイプ、キーボードの で画像を前後にスライドさせることができます。
  • 画像をクリックするとストップします。再スタートするには画面をスワイプするか、下の「」か「」をクリックしてください。「」は現在位置です。
  • 下の「」をクリックしてそれぞれの画像を見ることができます。左が「1番」です。
  • このページの画像はシカゴ美術館が所蔵する版です。画像を明るくするために当サイト独自の色彩補正を行っており、シカゴ美術館が公開している原画とは若干色調が違います。
  『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/02/23