『浮世絵・錦絵』などを見る「目次」 

『浮世絵・錦絵』などを見る

『 一ノ谷合戦いちのたにかっせん 』
月岡芳年 つきおかよしとし
= 画像部分拡大 =
画像ポップアップ 
画像部分拡大 
  • 幕末から明治前期にかけて活動した浮世絵師、月岡芳年つきおかよしとし(1839年・天保10年 - 1892年・明治25年)の一ノ谷合戦いちのたにかっせん。(芳年は、別号に一魁斎いっかいさい魁斎かいさい玉桜楼ぎょくおうろう大蘇たいそなどを持つ)
  • 一ノ谷の戦い(いちのたにのたたかい)は、平安時代の末期の寿永3年/治承8年2月7日(1184年3月20日)に摂津国福原および須磨で行われた戦い。治承・寿永の乱(源平合戦)における戦いの一つ。
  • 背中に母衣を付けた武将は熊谷直実。左下の海には、沖の船へ逃れようとするが呼び止められて引き返してくる平敦盛が小さく描かれる。

《画像部分拡大》

  • 下の画像にマウスを乗せると、部分的に拡大して見ることができます。
  • このページの画像は国立国会図書館が所蔵する版の二枚を合成しています。画像を明るくするために当サイト独自の色彩補正を行っており、国立国会図書館が公開している原画とは若干色調が違います。
《 画像拡大 - 小 》
月岡芳年「一ノ谷合戦」
《 画像拡大 - 大 》
月岡芳年「一ノ谷合戦」
   『浮世絵・錦絵』などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/12/02