『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
   『江戸近郊八景』「目次」 
  • 『江戸近郊八景』は、歌川広重(一世)による天保9年・1838年頃の作品で、「吾嬬杜夜雨」「羽根田落雁」「行徳帰帆」「玉川秋月」「小金井橋夕照」「芝浦晴嵐」「池上晩鐘」「飛鳥山暮雪」の八景が描かれている。 
  • 大判錦絵八枚揃の連作で、芸術性の高さで広重(1797-1858)の代表作として知られる。(参考:国立国会図書館による解説)
  • 錦絵横大判の八図は構図、色調ともにすぐれ、日本人の叙情と哀感を深く表現する。「五十三次」と並ぶ広重の代表作である。(参考:文化遺産オンライン[文化庁・国立情報学研究所]による解説)
  • *このページでは、画像を明るくするために当サイト独自の色彩補正を行っており、引用した国立国会図書館が公開している原画とは色調が違います。
  • 画像をクリックすると拡大します。

『江戸近郊八景』
= 歌川広重 =
行徳帰帆 (ぎょうとくきはん)

歌川広重・江戸近郊八景之内


行徳帰帆
 (ぎょうとくきはん)


二またの
猫ざね川の追い風に
こわごわ帰る
行とくの船
       早船楼
         新酒
《詳細ページ目次》
『江戸近郊八景』
= 歌川広重 =

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/02/01