『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
  『葛飾北斎・富嶽三十六景』を見る 
  スマホサイズ版 
地図で見る『富嶽三十六景』  

『浮世絵・錦絵』 などを見る
* このページは、PCサイズ最適化版です。

葛飾北斎かつしかほくさい富嶽三十六景ふがくさんじゅうろっけい

《画像スライド》

『葛飾北斎・富嶽三十六景』
  • これは、葛飾北斎かつしかほくさい(宝暦10年9月23日〈1760年10月31日〉? - 嘉永2年4月18日〈1849年5月10日〉)の『富嶽三十六景』です。
  • 『富嶽三十六景』は、北斎の代表的な作品で、初版は江戸時代の文政6年・1823年頃から作成が始まり、天保2年・1831年頃から天保4年・1833年頃にかけて刊行されたとされます。
  • 富士山を主題として描かれた大判錦絵による風景画揃物で、主板の36図、および好評により追加された10図の、計46図。「凱風快晴」(通称:赤富士)や「神奈川沖浪裏」が特に有名。
  • ここでは、「富嶽三十六景」の46枚の画像が連続して表示されます。
  • マウスや画面スワイプ、キーボードの で画像を前後にスライドさせることができます。
  • 画像をクリックするとストップします。再スタートするには画面をスワイプするか、下の「」か「」をクリックしてください。「」は現在位置です。
  • 下の「」をクリックしてそれぞれの画像を見ることができます。左が「1番」です。

《画像ポップアップ》

『葛飾北斎・富嶽三十六景』
  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。
  • マウスや画面タッチで、画像をスライドさせたり、拡大させたりすることができます。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2018/12/27