『浮世絵・錦絵』などを見る「目次」 

『浮世絵・錦絵』などを見る
江戸の火消ひけし・江戸のまとい

江戸府内絵本風俗往来
菊池貴一郎(蘆乃葉散人)/歌川広重四代
明治38年〈1905年〉
  • 菊池貴一郎(蘆乃葉散人あしのはさんじん)/歌川広重四代の、「江戸府内絵本風俗往来」。
  • 歌川広重四代(嘉永2年〈1849年〉- 大正14年〈1925年〉2月4日)。本名は菊池貴一郎。別号を蘆乃葉散人あしのはさんじん 。明治から大正にかけての浮世絵師、画家。
  • 「江戸府内絵本風俗往来」は、明治38年〈1905年〉の作品。明治以前の江戸の風俗事物について、自ら描いた多くの挿絵も交えて著したもの。
  • ここでは、「江戸府内絵本風俗往来」に描かれた火消や纏、火の見櫓などを見てみます。 
  • 画像:昭和40年〈1965年〉青蛙房復刻版。
  • 江戸府内絵本風俗往来(国立国会図書館)  には、火事に関する記述も多数見られます。
  • 「江戸府内絵本風俗往来」の国立国会図書館への索引を用意しました。
  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。
  • 拡大した画面上部の「  」をクリックすると全画像をスライドして見ることができます。
江戸府内絵本風俗往来
菊池貴一郎(蘆乃葉散人)/歌川広重四代
  『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/07/27