『古今要覧稿』に見る、旧暦での『月』の由来など
十月・神無月(かんなづき)

  月の名称・異称の を    表示: 件      
 《お読みください - 検索機能の使い方のヒント》
言葉をスペースで区切ると絞り込みが出来ます。曖昧検索は出来ません。
「一月」のみを検索するには「睦月」と、「二月」のみを検索するには「如月」もしくは「きさらぎ」と、「三月」から「十二月」までは、それぞれ「3」から「12」までの算用数字を入力してください。
「データ」と入力すると1月から12月までの全てのデータを表示することができます。
このサイトは「編集著作物」です。法律上の“引用”の範囲を超えての無断転載・無断転用を禁じます。
古今要覧稿ここんようらんこう』に見る、旧暦での『月』の由来など
〔古今要覽稿  時令〕
かみなづき〈十月〉
かみなづきは十月の和名なり、皇國にてかみな月の名目の始てみえしは、甲寅年冬十月カミナツキ丁巳朔辛酉と〈日本書紀神武天皇紀〉よまれたり、夫より以下は十月カミナヅキ鐘禮爾相有シグレニアヘル黄葉乃モミヂバノと〈萬葉集〉いひ、十月カミナヅキ鐘禮乃雨丹シグレノアメニとも、十月カミナヅキ雨之間毛不置アメノマモオカズとも〈同上〉みえたり、古今和歌集以下は、擧るにいとまあらず、扨十月を神無月といふは、雷のなき月ゆへ、かみな月と〈義公御隨筆〉仰られし、又神無月といふによりて、無陽などいふもあまりに事むづかし、月令に雷聲ををさむる時なれば、雷無月なるべしと〈類聚名物考〉いへり、又説に應鐘のしらべ、日本にては上無調といへり、應鐘は十月の律なれば、上無月といふ義也と〈兩朝時令、速水見聞私記、秇苑日渉、〉いへり、十月の律、上無調といふ事は、はやく拾芥抄にみえたり、されば此月を上無月と書ても、しかるべしと思ひしに、かみな月と云は、上無月なるべきか、元は上を書して、後に神の字にかへたるは、上無と書ては、名目あたる所ありてよろしからず、よりて神の字を書歟と〈速水見聞私記〉いへり、又十は數の極也と〈同上〉いひ、左傳に以十月入、曰良月也、就盈數焉といへるによれば、十は盈數にて上なきの稱、故に上無月といひしにや、されば此三説のうちをとるべきなり、西土に陽月といふ、十月は坤の卦に當りて、純陰の月也、陽なきを嫌ふ故に、無陽の月なれども、却て陽月といへり、〈兩朝時令、日本歳時記、〉天下の諸神出雲の國に行給ひて、こと國には神なきが故に、神無月といふ、〈奧義抄〉伊弉册尊崩じ給ふ月なれば、神無月と申なり、〈世諺問答〉四方の木すゑちりすさむ頃なりとて、葉みな月と申人ありと〈同上〉みえたり、陽月のごときは、漢にもふるくいひ傳へし所なり、其中陽月を讀て、神無月カミナヅキといひしは、カミノツキといひしことば也と〈東雅〉いひ、又神嘗月といふ説もあれど、いづれも信じがたし、西土にて國於是乎蒸嘗、家於是乎嘗祀と〈國語〉いへるなどにもとづきて、神嘗月といふ義にとりしとみえて、我邦の古へも、西土にも神嘗祭は十月なりし事、其證多しと〈和訓栞〉いひしなり、さて異名のごときは、かみなかり月と〈秘藏抄〉いひ、神去月と〈莫傳抄〉いひ、鎭祭月と〈八雲御抄〉いひ、時雨月、拾月、初霜月と〈藏玉集〉いへり

  • 注:このページで引用した『古今要覽稿』の中の、〈 〉 の括弧は「割註」を表し、ほとんどが文中で引用された文献の表題です。
  • 注:「割註」とは、本文の一行の中に、ある言葉についての注釈や解説を小書きで二行に割って書き記したもの、また、そのように書き記すことで、割り書きともいわれます。

  • 古今要覧稿 ここんようらんこう 』は、江戸時代の類書で、質・量ともに近世を代表するとされる。全560巻。江戸後期の国学者、 屋代弘賢 やしろひろかた 編。文政4年・1821年 から天保13年・1842年 にかけて成立。江戸幕府の命によって弘賢が総判となり、22年間にわたって調進呈上した。自然、社会、人文などを、神祇、姓氏、時令、地理、草木、人事などに分類し、古今の文献を引用してその起原、沿革を考証解説したもの。
和名類聚抄わみょうるいじゅしょう』 に見られる「月の名称」
 『和名類聚抄』に見られる「月の名称」(国立国会図書館所蔵)[拡大]
正月:初春
二月:仲春
三月:暮春
四月:首夏
五月:仲夏
六月:季夏
七月:初秋
八月:仲秋
九月:季秋
十月:孟冬
十一月:仲冬
十二月:季冬

『和名類聚抄』は、平安時代中期の承平年間(931年〜938年)に源順(みなもとのしたごう)の編纂によって刊行された辞書。現代の国語辞典、漢和辞典、百科事典などの要素を含む。
引用した画像は、寛文7年・1667年版(国立国会図書館所蔵)
下学集かがくしゅう』 に見られる「陰暦十月の名称」
下學集・下学集 上 時節門
應鐘(ヲウシヨウ)〈十月〉
神無月(カミナツキ)〈十月諸神皆集出雲大社、故云神無月也、出雲國神有月云也〉


『下学集』は、文安元年・1444年成立。刊行は元和3年・1617年。著者は、東麓破衲 (とうろくはのう) とされるが未詳。室町時代の日常語彙約 3000語を天地、時節など 18門に分けて説明を加えた辞書。
倭訓栞わくんのしおり』に見られる『かみなづき』の説明
〔倭訓栞・和訓栞 前編六 加・か〕
かみなづき 十月をいふ、十は數の極なれば、數皆月の義といへど、神嘗月の義なるべし、我邦の古へも西土にも、神嘗祭は十月なりし事其證多し、古説に神無月の義とし、出雲の故事をいひ傳へり、新續古今集に、逢ふことを何にいのらん神無月をりわびしくもわかれぬる或、大物主神の八十萬神を帥ひて、天にのぼりたまふは此月也と、出雲國造家の説也、或は雷無月の義なりといへり

『倭訓栞』(和訓栞)は、江戸中期の国学者谷川士清たにかわことすがの編により、安永6年・1777年から明治20年・1887年にかけて刊行された国語辞書。全93巻

  • このページは、例のいくつかをあげ編集しています。
  • 学習や研究などにお使いの際は、辞典・専門書などでご確認ください。
    (このページを利用され、何らかの不利益や問題が生じても、当サイトは一切の責を負いかねます。あらかじめご了承ください)
  • 本サイトは編集著作物です。データの無断転載等を禁じます。著作権侵害という犯罪

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/09/22