= 月の名称・異称・異名 / 和風月名わふうげつめい =
十月
神無月(かんなづき)

和風月名一覧・月の名称・異称・異名
  月の名称・異称の を    表示: 件      
 《お読みください - 検索機能の使い方のヒント》
言葉をスペースで区切ると絞り込みが出来ます。曖昧検索は出来ません。
「一月」のみを検索するには「睦月」と、「二月」のみを検索するには「如月」もしくは「きさらぎ」と、「三月」から「十二月」までは、それぞれ「3」から「12」までの算用数字を入力してください。
「データ」と入力すると1月から12月までの全てのデータを表示することができます。
このサイトは「編集著作物」です。法律上の“引用”の範囲を超えての無断転載・無断転用を禁じます。
  • 読み方での五十音順配列を基本としているため、漢字が重複して表示されている場合があります。
  • 「月」が後ろに付く場合は、濁音を基本にしていますが、清音で読まれる場合もあります。
  • 種類や読み方は様々で、ここに示したものが全てではありません。
和名類聚抄わみょうるいじゅしょう』 に見られる「月の名称」
 『和名類聚抄』に見られる「月の名称」(国立国会図書館所蔵)[拡大]
正月:初春
二月:仲春
三月:暮春
四月:首夏
五月:仲夏
六月:季夏
七月:初秋
八月:仲秋
九月:季秋
十月:孟冬
十一月:仲冬
十二月:季冬

『和名類聚抄』は、平安時代中期の承平年間(931年〜938年)に源順(みなもとのしたごう)の編纂によって刊行された辞書。現代の国語辞典、漢和辞典、百科事典などの要素を含む。
引用した画像は、寛文7年・1667年版(国立国会図書館所蔵)
下学集かがくしゅう』 に見られる、陰暦『十月』の名称
下學集・下学集 上 時節門
應鐘(ヲウシヨウ)〈十月〉
神無月(カミナツキ)〈十月諸神皆集出雲大社、故云神無月也、出雲國神有月云也〉


『下学集』は、文安元年・1444年成立。刊行は元和3年・1617年。著者は、東麓破衲 (とうろくはのう) とされるが未詳。室町時代の日常語彙約 3000語を天地、時節など 18門に分けて説明を加えた辞書。
壒囊鈔あいのうしょう 』に見られる『月の異名』
『壒囊鈔(あいのうしょう)』に見られる「月の名称」(国立国会図書館所蔵)
〔十月〕
應鐘
孟冬
初冬
陽月
玄英
上冬
壒囊鈔あいのうしょう 』は、室町中期の百科事典。僧行誉ぎょうよ の編により、文安3年・1446年に成立。事物の起源、和漢の故事、国字・漢字の語源や語義などを解説したもの。引用した版は、正保3年・1646年刊(国立国会図書館所蔵)。
倭訓栞わくんのしおり』に見られる『かみなづき』の説明
〔倭訓栞・和訓栞 前編六 加・か〕
かみなづき 十月をいふ、十は數の極なれば、數皆月の義といへど、神嘗月の義なるべし、我邦の古へも西土にも、神嘗祭は十月なりし事其證多し、古説に神無月の義とし、出雲の故事をいひ傳へり、新續古今集に、逢ふことを何にいのらん神無月をりわびしくもわかれぬる或、大物主神の八十萬神を帥ひて、天にのぼりたまふは此月也と、出雲國造家の説也、或は雷無月の義なりといへり

『倭訓栞』(和訓栞)は、江戸中期の国学者谷川士清たにかわことすがの編により、安永6年・1777年から明治20年・1887年にかけて刊行された国語辞書。全93巻
古事類苑こじるいえん 』に見られる、陰暦『十月』の名称や由来など

『古事類苑』は、明治29年・1896年から大正3年・1914年にかけて刊行された百科史料事典。全1000巻。古代から慶応3年・1867年までの文献から引用した例証を原文のまま収めている。明治12年・1879年、文部省大書記官 西村茂樹にしむらしげきの建議により文部省で編集を開始、皇典講究所・神宮司庁へと引き継がれ、35年を費やして完成した。官撰かんせんの百科事典としてはわが国唯一。

・データの無断転載を禁じます。著作権侵害という犯罪
旧暦での一般的な和名
和風月名わふうげつめい
旧暦での月の名称・異称・異名の例

十月

October

(英)

octobre
(仏)

octubre
(西)

ottobre
(伊)

Oktober
(独)

Outubro
(葡)

시월
(韓)

神無月
かんなづき


歌川国貞(豊国三代)「風流十二月ノ内 小春」1820(文政3)年- 30年頃(ボストン美術館蔵)
「風流十二月ノ内 小春」
歌川国貞(豊国三代)
1820(文政3)年- 30年頃

歌川国貞(豊国三代)「十二月ノ内 神無月」1847(弘化4)年- 52年頃(ボストン美術館蔵)
「十二月ノ内 神無月」
歌川国貞(豊国三代)
1847(弘化4)年- 52年頃

歌川国貞(豊国三代)「十二月ノ内 神無月」嘉永5・1852年(国立国会図書館所蔵)
「十二月ノ内 神無月」
歌川国貞(豊国三代)
嘉永5・1852年

歌川国貞(豊国三代)「十二月ノ内 小春初雪」嘉永7・1854年(国立国会図書館所蔵)
「十二月ノ内 小春初雪」
歌川国貞(豊国三代)
嘉永7・1854年

歌川国貞(豊国三代)「十二月ノ内 小春初雪」嘉永7・1854年(国立国会図書館所蔵)
「十二月ノ内 小春初雪」
(上記三枚組)
亥の月 いのつき
盈春 えいしゅん
盈旬 えいしゅん
御忌 おいみ[出雲国で]
応鐘・應鐘 おうしょう・こたえるかね
応章・應章 おうしょう
亥月 がいげつ
開冬 かいとう
亥冬 がいとう
神有・神在 かみあり[出雲国で]
神有月・神在月 かみありづき[出雲国で]
神去月 かみさりづき
神月 かみづき[出雲国で]
神無月 かみなかりづき・かみなきつき・かみなしづき・かみなづき・かむなづき・かんなづき[「かんなづき」は、「かみなづき」が変化して]
雷無月 かみなかりづき・かみなづき
かみなづき
十月 かみなづき
陽月 かみなづき・ようげつ
神の月 かみのつき[出雲国で]
元冬 がんとう
頑冬 がんとう
吉月 きつげつ
極陽 きょくよう
玄英 げんえい
建亥月 けんがいげつ
玄冬 げんとう
応鐘 こたえるかね・おうしょう
木葉月 このはづき
小春 こはる・しょうしゅん
小春月 こはるづき
小六月 ころくがつ[「大六月(おおろくがつ)」は、六月]
坤月 こんげつ
時雨月 しぐれづき
始冬 しとう
始冰 しひょう
拾月 しゅうげつ
首冬 しゅとう
上冬 じょうとう
小春 しょうしゅん・こはる
小陽春 しょうようしゅん
初冬 しょとう・そとう・はつふゆ・はじめのふゆ
秦而 しんしょう
秦正 しんせい
新冬 しんとう
信冬 しんとう
水徳 すいとく
正陰月 せいいんづき
早冬 そうとう
初冬 そとう・しょとう・はつふゆ・はじめのふゆ
大月 たいげつ
大章 たいしょう
大素 たいそ
端冬 たんとう
肇冬 ちょうとう
鎮祭月 ちんさいげつ[「出雲国には鎮祭月といふ」と、13世紀前半の文献「八雲御抄(やくもみしょう)」に見られる]
貞冬 ていとう
天寒 てんかん
凍月 とうげつ
名残月 なごりづき
初冬 はじめのふゆ・はつふゆ・そとう・しょとう
初霜月 はつしもづき
初冬 はつふゆ・はじめのふゆ・しょとう・そとう
葉みな月 はみなづき
方冬 ほうとう
孟冬 もうとう[「三冬(さんとう)」(冬の三か月)の一つ。三冬は、孟冬(陰暦十月)・仲冬(陰暦十一月)・季冬(陰暦十二月]
よう
陽月 ようげつ・かみなづき
立冬 りっとう
隆冬 りゅうとう
良月 りょうげつ
  • このページは、例のいくつかをあげ編集しています。
  • 学習や研究などにお使いの際は、辞典・専門書などでご確認ください。
    (このページを利用され、何らかの不利益や問題が生じても、当サイトは一切の責を負いかねます。あらかじめご了承ください)
  • 本サイトは編集著作物です。データの無断転載等を禁じます。著作権侵害という犯罪

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/08/11