秋の七草

  春の七草 
  七草がゆの作り方 
  秋の七草 
  秋の七草の家紋 
  七草の英名 

 秋の七草

 あきのななくさ

秋の七草とはなんでしょうか? 秋の七草を声に出して読んでみましょう。

はぎのはな おばな くずはな なでしこのはな
おみなえし また ふじばかま あさがおのはな

萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花

山上憶良やまのうえのおくら  万葉集 一五三八 巻八)
名 称
備     考
ハギ   マメ科
オバナ 尾花 ススキ(薄・芒)のこと。 イネ科
クズ   マメ科
ナデシコ 撫子・瞿麦   ナデシコ科
オミナエシ 女郎花   オミナエシ科
フジバカマ 藤袴   キク科
キキョウ 桔梗   キキョウ科
  • 「秋の七草」として親しまれる七種の草の中の「あさがおのはな(朝貌の花)」は、「アサガオ・朝顔」とも、「ヒルガオ・昼顔」とも、「ムクゲ・木槿」とも、「キキョウ・桔梗」とも言われ、諸説があるが、一般的には「キキョウ・桔梗」を指すとするのが有力で、辞典類も「キキョウ」とするものが多く見られる。
  •  植物学者の牧野富太郎博士(1862年・文久2年 - 1957年・昭和32年)は、「朝貌の花」は「桔梗」であるとの説を採っている。
  • 牧野富太郎
出典:牧野植物学全集 第1巻 - 国立国会図書館近代日本人の肖像
    牧野富太郎
    出典:牧野植物学全集 第1巻
    国立国会図書館蔵
  •  牧野博士によれば、今で言う「朝顔」が中国から伝わったのは山上憶良やまのうえのおくらより後の時代であり、「人家に栽培している蔓草のアサガオは秋の七種中のアサガオではけっしてない」とし、また、万葉集の別の歌に「朝顔は夕方に咲くのが見事」と詠まれていて、「夕方が見事」というのは現在の「朝顔」と合致しないことなどを挙げ「アサガオ説」を否定。また、「ムクゲ・木槿」については、中国からの外来の灌木であり野辺に自然に生えているものでもなく、また万葉歌の時代に果たしてムクゲが日本へ来ていたのかどうかも疑わしいとしてこれを否定し、「万葉歌のアサガオをヒルガオだとする人もあったが、この説もけっして穏当ではない」と「ヒルガオ説」も否定している。「キキョウ説」については、山上憶良より200年ほど下った平安時代に書かれた、現存する漢和辞典では日本最古の『 新撰字鏡しんせんじきょう』(平安前期の昌泰しょうたい年間(898〜901)に成立)の「桔梗」の項で、「阿佐加保・あさがお」と振り仮名が振られていることなどを根拠として、「この貴重な文献においてそれに従ってよいと信ずる」と「朝貌の花」が「桔梗」であるとされることに異を唱えてはいない。
  • (「秋の七草の話」1931年・昭和6年講演、「植物知識」1949年・昭和24年、「随筆 植物一日一題」1953年・昭和28年 など)
  •  「新撰字鏡」に見られる「桔梗・阿佐加保」の文字
    「新撰字鏡」に見られる「桔梗・阿佐加保」の文字
    「新撰字鏡」(享和3年・1803年? 書写版)
          (国立国会図書館所蔵)

    「新撰字鏡」は、現存する漢和辞典では日本最古。平安前期の昌泰しょうたい年間(898〜901)に僧侶・昌住が編纂したとされる。
    《牧野富太郎の考え方を著作で読む》
    「秋の七草の話」
    「植物知識」  
    「植物一日一題」
    【リンク】牧野富太郎ほか著による『児童野外植物のしをり』の口絵に書かれた「秋の七草」
    1912年・明治45年(国会図書館デジタルコレクション)

  • 「春の七草」は無病息災を願って「七草粥」として食べますが、「秋の七草」は観賞して楽しむ植物です。
  • 現在一般に言われている「秋の七草」は、万葉の歌人、山上憶良やまのうえのおくら(660?〜733?)が二首の歌に詠んで以来、日本の秋を代表する草花として親しまれるようになったとされます。
  •  秋の野に 咲きたる花を  指折およびおり かき数ふれば 七種ななくさの花
    (山上憶良 万葉集  一五三七 巻八)
    意味:秋の野にとりどりに咲く花を、指を折りながら一つひとつ数えてみると、七種類の花がありました。
  •  萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花
    (山上憶良 万葉集  一五三八 巻八)
    読み: はぎのはな おばな くずはな なでしこのはな おみなえし また ふじばかま あさがおのはな
  •  『山上憶良詠秋野花二首』「万葉集二十巻 - 八」慶長元和年間(1596-1624)の刊 国立国会図書館所蔵

    『万葉集二十巻 - 八』
      慶長元和年間(1596-1624)の刊 国立国会図書館所蔵

    『山上憶良詠秋野花二首』
      山上憶良の、秋の野の花を詠める二首

  • 一首目は、「五・七・五・七・七」の短歌で、二首目は、「五・七・七、五・七・七」の旋頭歌です。

  • 『試験準備近世理科問答 博物ノ部』 明治41年・1908年
  • 明治41年・1908年に、小学生の復習用、中学師範入学準備、農学校・商業学校・幼年学校などの試験対策として出版された、尋常小学校5年・6年で習う範囲とする問題に登場する『秋の七草』です。
  • 秋の七草とは何々か」との設問で、答えは『ハギ、オバナ、キキョウ、クズ、ナデシコ、フジバカマ、オミナエシ』とされています。
  •  『試験準備近世理科問答 博物ノ部』   明治41年・1908年刊(国立国会図書館所蔵)
     
     『試験準備近世理科問答 博物ノ部』   明治41年・1908年刊(国立国会図書館所蔵)
     
     『試験準備近世理科問答 博物ノ部』   明治41年・1908年刊(国立国会図書館所蔵)


  • 《参考》
      岡本 かの子 「秋の七草に添へて」 (昭和十二年十月)

     萩、刈萱、葛、撫子、女郎花、藤袴、朝顔。
     これ等の七種の草花が秋の七草と呼ばれてゐる。この七草の種類は万葉集の山上憶良の次の歌二首からいひ倣されて来たと伝へる。

      秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七種の花
      萩の花尾花葛花なでしこの女郎花また藤袴朝顔の花

     朝顔が秋草の中に数へられると言へば、私達にとつて一寸意外な気がする。早いのは七月の声を聞くと同時に花屋の店頭に清艶な姿を並べ、七月の末ともなれば素人作りのものでも花をつける朝顔を、私達は夏の花とばかり考へ勝ちである。もつとも朝顔は立秋を過ぎて九月の中頃まで咲き続けるのだから、秋草の中に数へられるのもよいであらうが、特に真夏の夕暮時、朝顔棚に並ぶ鉢々に水を遣りながら、大きくふくらんだつぼみを数へ、明日の朝はいくつ花が咲くと楽しい期待を持ち、翌朝になつて先づ朝顔棚に眼をやり、濃淡色とりどりの大輪が朝露を一ぱいに含んで咲き揃つてゐる清々しさに私達は一入ひとしお早暁の涼味を覚える。ある貧しい母のない娘が背戸に朝顔を造り、夕に灯をつけてその蕾を数へ、あしたは絞りの着物が三つ、紺のが一つ仕立つと微笑んだのをい ぢらしく見たことがある。だが、秋の七草に含まれる朝顔は夏の朝咲くいはゆる朝顔――これを古字にすれば牽牛子又は蕣花と書く――ばかりではなく、木槿むくげと桔梗をも総称してのものである。さういへば木槿も桔梗も牽牛子と同じやうに花の形が漏斗じようごの形をしてゐる。

    (以下省略  青空文庫で読む


  • 《江戸時代の錦絵に見る『秋の七草』》
     風俗 秋七草 (歌川貞虎)
     江戸時代の錦絵に見る「秋の七草」 『風俗 秋七草』。(The Metropolitan Museum蔵)
    Fashionable Seven Autumn Plants
    (Fūzoku aki nanakusa)

    Period: Edo period (1615–1868)
    Date: first half of the 19th century
    The Metropolitan Museum of Art
    *絵の左側に桔梗の花が見られます。
《牧野富太郎の考え方を著作で読む》
「秋の七草の話」
「植物知識」  
「植物一日一題」
  春の七草 
  七草がゆの作り方 
  秋の七草 
  秋の七草の家紋 
  七草の英名 

  • このページは、例のいくつかをあげ編集しています。
  • 学習や研究などにお使いの際は、辞典・専門書などでご確認ください。(このページを利用され、何らかの不利益や問題が生じても、当サイトは一切の責を負いかねます。あらかじめご了承ください)
  • 本サイトは編集著作物です。データの無断転載等を禁じます。著作権侵害という犯罪

おすすめサイト・関連サイト…