[9]【参考】「七草」「七草粥」「囃子詞」などが登場する明治以降の文献
= 春の七草・春の七種 =

  春の七草 
  七草がゆの作り方 
  秋の七草 
  秋の七草の家紋 
  七草の英名 

 春の七草・春の七種

 はるのななくさ
※ページ内の画像は、クリックして拡大することが出来ます。
春の七草画像「せり なずな おぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ」(「おぎょう」は「ごぎょう」とも)

[9]【参考】「七草」「七草粥」「囃子詞」などが登場する明治以降の文献

  1. 『墨汁一滴』 正岡子規 1901年(明治34年)

     一月七日の会にふもとのもてしつとこそいとやさしく興あるものなれ。長き手つけたる竹のかごの小く浅きに木の葉にやあらん敷きなして土を盛り七草をいささかばかりづつぞ植ゑたる。一草ごとに三、四寸ばかりの札を立て添へたり。正面に亀野座かめのざといふ札あるはすみれごとき草なり。こはほとけとあるべきを縁喜物えんぎものなれば仏の字を忌みたる植木師のわざなるべし。その左に五行ごぎょうとあるは厚き細長き葉のやや白みを帯びたる、こは春になれば黄なる花の咲く草なり、これら皆寸にも足らず。その後に植ゑたるには田平子たびらこの札あり。はこべらの事か。真後まうしろせりなずなとあり。薺は二寸ばかりも伸びてはやつぼみのふふみたるもゆかし。右側に植ゑて鈴菜すずなとあるはたけ三寸ばかり小松菜のたぐひならん。真中に鈴白すずしろの札立てたるは葉五、六寸ばかりの赤蕪あかかぶらにてくれないの根を半ば土の上にあらはしたるさまことにきはだちて目もさめなん心地する。『源語げんご』『枕草子まくらのそうし』などにもあるべきおもむきなりかし。
    あら玉の年のはじめの七くさを籠に植ゑてし病めるわがため
    (一月十七日)
     新聞『日本』に掲載された、明治34年・1901年1月17日付けの『墨汁一滴 』の切り抜き
    新聞『日本』に掲載された、
    明治34年・1901年1月17日付けの
    『墨汁一滴 』の切り抜き

    国立国会図書館所蔵
    正岡子規の『墨汁一滴』は、明治34年・1901年1月16日から7月2日まで、新聞『日本』に164回にわたって連載された。

    注:文字での底本は「青空文庫」。墨汁一滴を青空文庫で読む
  1. 「江戸府内絵本風俗往来」
      菊池貴一郎(芦乃葉散人・四代目歌川広重)
      1905年(明治38年)


     七種ななくさ

     正月もはや七草となるや、町家は家業に従事するより心にひま なく、武家は七種までは新年の式務にせわしく、七種過ぎより追々平務ふだんに復す。六日の宵は家々の古式、後の世に到りては空しきことも多かるめれども、かわらぬ御代と祝し参らす当時なるまま、御台所掛りにては紋付小袖に麻上下を着し、遠土とおどの鳥の渡らぬ先より、恵方に向かい若草を打ちはやす。ストトントン、戸々に響く。この日門の松飾り・〆縄は取り払い、翌七種は若菜のかゆとうべけるは、当日の祝なりける。
     七草といっても、せいぜい、一、二種だが、江戸では六日に「なず菜なず菜」と呼んで売り歩く。上方では「吉慶のなずな祝うて一貫が買うてくれ」と呼び歩いた。七草をはやすのは鳥追の予祝行事で、「唐土(尊とが正しい)の鳥が日本の国へ渡らぬ先に七草なずな」とはやして叩く。上方では「……なずな七草」といった。六日の晩と七日の早朝の二度はやすのは、今から見ると丁寧至極だが、もとは宵から晩まで時を定めて何回も夜通し叩いたという。七草の粥には江戸では、なず菜少量に小松菜を主に入れた。
    『絵本江戸風俗往来』鈴木棠三すずきとうぞう編 48ページより
     平凡社「東洋文庫」(昭和40年・1965年刊)

    注:この字下げをした部分は、明治38年・1905年に刊行された『江戸府内絵本風俗往来』を、昭和40年・1965年に平凡社が「東洋文庫」の中で『絵本江戸風俗往来』として出版する際に、編者となった鈴木棠三(1911-1992)が解説として書き加えたもの。
    注:鈴木棠三の、この部分の解説の出典は明らかにされていないが、江戸後期に書かれた『守貞謾稿』と文言がよく似ていることから、これを参考にしたものではないかと思われる。(鈴木棠三の『絵本江戸風俗往来』では、『守貞謾稿』からの引用が多用されている)

    ・明治38年・1905年刊
    江戸府内絵本風俗往来 菊池貴一郎(芦乃葉散人・四代目歌川広重)
     『江戸府内絵本風俗往来』の「七種」の項目。明治38年・1905年刊 菊池貴一郎(芦乃葉散人・四代目歌川広重)
     『江戸府内絵本風俗往来』に見られる七種を囃す図。明治38年・1905年刊 菊池貴一郎(芦乃葉散人・四代目歌川広重)
    『江戸府内絵本風俗往来』より「正月六日の夜の七種の儀式の図」
    「御台所掛りにては紋付小袖に麻上下を着し、遠土の鳥の渡らぬ先より、恵方に向かい若草を打ちはやす」
    注:「江戸府内絵本風俗往来」は、明治から大正にかけての浮世絵師菊池貴一郎・四代目歌川広重(嘉永2年・1849年 〜 大正14年・1925年)が、江戸の年中行事や市井の雑事に関する話題などを、『江戸の旧事を知るものも稀になった』として、それを伝えるために自らの挿絵を交えて書いたもの。
  1. 「残されたる江戸」 柴田流星 1911年(明治44年)

     三ヶ日と七草

    かくてぞ喜びをまつの内はあわただしく過ぎて、七日のまだき、澄みきったあさの空気に高々と響き亘る薺打なずなうちの音、「七草なずな、唐土の鶏が、日本の土地に、渡らぬ先に、ストトントン」と彼方からも此方からも聞え初めると、昨日までの門松も飾藁も名残なく取去られて、浮世は元の姿にかえるも淋しい。しかし江戸ッ児には二十日正月までの物日はまだ乏しくないのだ。
  1. 「田舍の新春」 横瀬夜雨 1934年(昭和9年)

            ななくさがゆ

     正月七日粥をつくる。七種を混じたる粥で米、粟、黍子、稗子、胡麻子、小豆でつくるのが正式らしいがこの辺では野菜を多く入れる。
     冬菜、芋、大根、米などでつくり、七いろはいれない。その菜や大根を刻む時
    七くさ なずな
    唐土の 鳥が
    渡らぬ 先に
    ストトン、トントン
    と唄って、調子をとりながら陽気につくる。この唄は実に庖丁のリズムにあっている。この昔からの唄も次第に忘れられてしまいそうだ。唐土の鳥とはなにを意味するのであろうか。餅なのでお腹の具合がわるくなっている時、この粥は健康上にもいいわけだ。白粥の中に入っている青菜は、青いもののない真冬時であれば、更に新鮮で初々しい。
  1. 「魔像 新版大岡政談」 林不忘 1968年(昭和43年)

     ちょうど七草ななくさの日だ。
     これこそ日本晴れという天気であろう。紺いろの空に、とびが一羽、ゆう々と輪をえがいて、気のせいか、道ゆく人のたもとをなぶる風にも、初春らしいのうごきが見られる。女の廻礼は七日過ぎてからとなっている。町家の内儀ないぎや娘らしいのがそれぞれに着飾って、萠黄もえぎの風呂敷包などを首から下げた丁稚でっちを供にれて三々伍々町を歩いている。長閑のどかな景色だ。
     七草なずな、唐土とうどの鳥が――の唄に合わせて、とことん! とことん! と俎板まないたを叩く音が、吉例により、立ち並ぶ家々のなかから、ふし面白く陽気ようきに聞えて来ていた。
  • このページは、例のいくつかをあげ編集しています。
  • 学習や研究などにお使いの際は、辞典・専門書などでご確認ください。(このページを利用され、何らかの不利益や問題が生じても、当サイトは一切の責を負いかねます。あらかじめご了承ください)
  • 本サイトは編集著作物です。データの無断転載等を禁じます。著作権侵害という犯罪

おすすめサイト・関連サイト…