[ 熱中症、発熱、下痢、嘔吐などでの脱水症状対策に ]
経口補水塩・経口補水液の作り方

熱中症とは ≫≫   ② 経口補水塩・経口補水液の作り方

 ②経口補水塩・経口補水液の作り方

  • 全身の倦怠感や脱力、頭痛、吐き気、嘔吐、下痢、立ちくらみ、筋肉のこむら返り、体が著しく熱くなるなどの「熱中症」の症状や、風邪などによる下痢や嘔吐、発熱、激しい発汗などで脱水症状を起こした時にも有効とされる「経口補水塩」「経口補水液」の作り方をみてみます。
  • ユニセフでは、食塩とブドウ糖を混合した「経口補水塩」を、主に下痢、嘔吐、発熱等による脱水症状の治療用に各地で提供する活動をしているということです。
  • 経口補水液は市販されていて、大塚製薬の「オーエスワン(OS-1)」という商品があります。     

  • 熱中症などの緊急時には、簡便な方法として塩と砂糖を混ぜて「経口補水塩」を作ることが出来ます。この「経口補水塩」を水に溶かしたものが「経口補水液」です。
  • 「経口補水液」は、水1リットルに対して、塩3g砂糖40gを混ぜて作ることが出来ます。
  • 500ml(500cc)を作る場合は、水500ミリリットルに対して、塩1.5g砂糖20gの分量となります。

    • 秤がない場合は、計量スプーンを使って量ります。それぞれのグラム数がスプーン何杯分かの換算をするには、別ページの[換算表]か、別ページの[換算機]をお使いください。
      = 換算機を使う =

    • この換算機で計算すると、1リットルを作る場合の塩3gは、小さじ1/2杯に、砂糖40gは大さじ4と2/5杯となります。

経口補水液」1リットルを作る場合の、水、塩、砂糖の分量 

【材料】
1リットル
3g
(小さじ1/2)
砂糖
40g
(大さじ4と2/5)or
(大さじ4と1/3強)or
(大さじ4と小さじ1強)
 
  • 砂糖の分量の、「大さじ2/5」は、6mlですので、1杯が15mlの大さじ1/3で5mlとなり、これを「大さじ1/3強」として量ってもよいかと思われます。また、6mlは、1杯が5mlの小さじで1杯と1/5となり、これを「小さじ1強」として量ってもよいかと思われます。
  • 砂糖を「大さじ4と1/2」とする資料もあります。この場合は、大さじ1/2は7.5mlですので、大さじ2/5の6mlよりは糖分が若干多目の分量ということになります。ただし、薬を調合する訳ではなく、吸収されやすい液を作る分量ですのであまり神経質になる必要はないでしょう。
  • この分量を水が透明になるまで混ぜまて溶かします。
  • 溶けやすくするには、一旦沸騰させたお湯を少し冷ましてから使うのもよいでしょう。

経口補水液」500ml(500cc)を作る場合の、水、塩、砂糖の分量 

【材料】
500 ml
1.5g
 (小さじ3/10)
砂糖
20g
(大さじ2と1/5)
【注意点】
 自宅で作る場合は、食中毒を防ぐ意味からも冷蔵庫に保存しその日のうちに飲み切るようにします。特に、一度使ったペットボトルを利用して作る場合は雑菌が混じったりしないよう十分注意しましょう。

【飲み方】
 飲む時は、一気に飲むのではなく、ゆっくりと時間をかけて少しずつ飲みます。500ml(500cc)であれば、1時間位でゆっくりと。
経口補水塩・経口補水液の作り方
 飲む時に氷を加えたりしないでください。濃度が変わってしまうので効果が出にくくなってしまいます。
 飲みやすくするためにレモンやグレープフルーツを搾って入れるのもよいでしょう。ただし、入れすぎると果物の糖分が追加され、塩分と糖分の比率が変わってしまい吸収が悪くなることもあるので、多くてもレモン半分位が目安。

【自分で作った補水液は美味しいのか?】
 この方法で作った「経口補水液」は美味しいのでしょうか?
 飲んでみての感想は人それぞれのようです。「まあまあ、美味しい」と言う人や、「美味しいものとは言えないが、まずくはない」と言う人がいる一方、「まずい」と言う人もいました。
 「美味しい」「飲める」と感じた人は脱水症状になりかけていると言う話もあるようですが、そこまでの調査はしていませんのでこれは何とも言えません。ただ、ここでの目的は美味しいものを作ることではなく、脱水症状からの回復ですので、多少まずいと感じても我慢をしましょう。

熱中症とは ≫≫   ② 経口補水塩・経口補水液の作り方



おすすめサイト・関連サイト…