二十四節気
(にじゅうしせっき)
東風解凍、黄鶯睍睆、魚上氷、桃始笑、桜始開、雷乃発声、半夏生、涼風至など
節分
春社日
春彼岸
春土用
八十八夜
入梅
半夏生
中元
お盆・盂蘭盆
夏土用
二百十日
二百二十日
秋彼岸
秋社日
秋土用
冬土用
元日
寒の入り
人日
(じんじつ)
上巳
(じょうし)
端午
(たんご)
七夕
(しちせき)
重陽
(ちょうよう)
一月
二月
三月
四月
五月
六月
七月
八月
九月
十月
十一月
十二月
一月
二月
三月
四月
五月
六月
七月
八月
九月
十月
十一月
十二月
 弱冠、而立、不惑など  三十路、四十路など
論語について
 
 旧暦・六曜(大安、仏滅)などを調べることができます。
  仏式  神式  キリスト教・カトリック  キリスト教・プロテスタント
 指定した年の恵方を調べることができます。  地図で確認
秋の七草

二十四節気 (にじゅうしせっき)・七十二候 (しちじゅうにこう)

・データの無断転載を禁じます。
著作権侵害という犯罪  
二十四節気は年によって日にちが変わることがあるため、「頃」としています。
毎年の二十四節気の日にちは、こちらで分かります。 [国立天文台暦計算室・暦要項]
七十二候について、明治11年・1878年の『懐中要便七十二候略暦』を引用しました。画像
七十二候は別のページがあります ≫≫
暦上

季節
名称
読 み
日取り
意味・由来など
新暦
旧暦
立春
りっしゅん 2月4日頃
正月

 この日から立夏の前日までが暦の上での春です。寒さは最も厳しい頃ですが、降りそそぐ太陽の光からは、春の気配も感じられ始めます。節分の翌日で、「春立つ」ともいい、「立春」になることを、「寒明け」ともいいます。  
 雑節の八十八夜・二百十日・二百二十日はこの日から起算します。

春の 、立つをもってなり [暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「立春」です。暦の上では春ですが、きょうは一日雪が降りやすく、寒さはまだ続きそうです。

立春の米こぼれをり葛西橋 / 波郷
さざ波は立春の譜をひろげたり / 渡辺水巴

 立春の前日の節分の夜に、恵方と呼ばれる方角にに向かって太巻きを丸かじりする風習が関西から広まり、全国で行われるようになっています。その巻き寿司が「恵方巻き」「恵方寿司」などと呼ばれます。
  恵方を地図で確認することが出来ます ≫≫

雨水
うすい 2月19日頃
正月

 雪は雨となり、氷も溶けて水となる時季です。雨水がぬるみ、草木も芽を出し始め、農家では、農耕の準備を始める目安となります。

陽気ようき地上に発し、雪氷解けて雨水となればなり [暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「雨水」です。暦の上では、雪が雨に変わり、氷も溶けて草木も芽吹く頃とされていますが、きょうは一日寒い日となりそうです。

薩埵さった富士雪縞あらき雨水かな / 風生

啓蟄
けいちつ 3月6日頃
二月

 「啓」は、「ひらく」という意味。「蟄」は、虫などが冬眠するという意味で、「啓蟄」は、冬ごもりをしていた虫などが暖かさに誘われて地上へ這い出してくることを表しています。
 しかし、実際に虫が活動を始めるのは、1日の気温が10度以上になってからで、例えば福島県内では4月中旬頃です。

陽気地中に動き、ちぢまる虫、穴を開き出ずればなり[暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「啓蟄」です。暦の上では、冬ごもりしていた虫たちも暖かさに誘われて動き始める頃とされ、公園では松の木のこもが外されるなど春を迎える準備が始まりました。

啓蟄をくわへて雀飛びにけり / 茅舎
啓蟄の土くれ躍り掃かれけり / 吉岡禅寺洞
【知識】「啓蟄」は、日本以外の漢字文化圏では「驚蟄」と書かれ、日本でも室町時代に書かれた『 節用集せつようしゅう 』という文献の「天正二十年本類(天正2年[1575年・])」などには「驚蟄(きょうちつ)」との表現が見られる。
 注:中国語簡体字圏では「惊蛰」と書かれ、繁体字圏では「驚蟄」と書かれている。

春分
しゅんぶん 3月21日頃
二月

「春分の日」で、「彼岸の中日」。「国民の祝日」です。
 この日、真東から昇った太陽は真西に沈み、昼と夜の時間がほぼ等しくなります。北半球ではこの日を境に、次第に昼が長く、夜が短くなります。この日をはさんだ前後7日間が「春の彼岸」です。
 「暑さ寒さも彼岸まで」と言われ、この日を境に寒さも峠を越して温和な季候となるとされます。「彼岸」は、「現世を離れ極楽浄土の岸に到る」という意味の仏教の言葉で、墓前に花や線香を手向け先祖を供養する姿が見られます。

日、天の ちゅうを行きて、昼夜ひるよる 等分とうぶんの時なり[暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、「春分の日」。お彼岸の中日です。昼と夜の時間がほぼ等しく、きょうを境に次第に昼が長くなります。「暑さ寒さも彼岸まで」との言葉がありますが、きょうは穏やかな一日となりました。

清明
せいめい 4月5日頃
三月

 すべてが明るく清らかで、生き生きとしてすがすがしく感じられる頃。草木の花も咲き始めます。「清明」は「清浄明潔」の略といわれています。

万物ばんぶつ発して清浄明潔しょうじょうめいけつなれば、此芽は何の草と知るるなり [暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「清明」です。暦の上では、全てがすがすがしく感じられる季節とされ、文字通り穏やかな陽気の一日となりました。

穀雨
こくう 4月20日頃
三月

 全ての穀物(百穀)をうるおす春の雨の意味で、けむるように降る雨は田畑を潤し、穀物などの生長を助ける時季。農家にとっては、種蒔きの適期です。
 春先に、小雨が降り、ぐずついた天気が続くことを、菜の花の咲く頃にちなんで「菜種梅雨なたねづゆ・なたねつゆ」といいます。

春雨降りて、百穀ひゃっこく生化しょうかすればなり[暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「穀雨」です。暦の上では、穀物を潤す春の雨が降る頃とされ、早くも田植えが始まりました。

伊勢の海の魚介豊かにして穀雨 / かな女

立夏
りっか 5月6日頃
四月

 この日から立秋の前日までが、暦の上での夏です。山々に緑が目立ち始め、夏の気配を感じ始める頃。「夏立つ」「夏来る」ともいいいます。

夏の立つがゆえなり[暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「立夏」です。 暦の上では夏の気配が感じられるようになる頃とされますが、きょうは、やや肌寒い一日となりました。

空輝き水輝きて立夏かな / 立子
滝おもて雲おしうつる立夏かな / 飯田蛇笏

小満
しょうまん 5月21日頃
四月

 陽気もよくなり、草木なども次第に生い茂ってくる季節。麦が穂をつけ、農家では田に苗を植える準備などを始めます。

万物ばんぶつ 盈満えいまんすれば、草木枝葉繁る[暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「小満」です。暦の上では、陽気が良くなり草木も生い茂ってくる頃とされ、田植えが順調に行われています。

小満や後れし麦の山畑 / 圭岳

芒種
ぼうしゅ 6月6日頃
五月

 麦を収穫し、田植えを始める時期。まもなく「入梅にゅうばい(6月11日頃)」です。のぎは、麦や稲などの穀物の先にある針のような毛のことで、「芒種」とは、麦を収穫し、「のぎ」のある穀物の種を播いたり、稲の苗を植え付ける時期のことを意味しています。

のげ[のぎ]ある穀類こくるい稼種かしゅする時なればなり[暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「芒種」です。暦の上では、穀物の種をまく頃とされ、農家では野菜の種まきの作業などに追われていました。

伊賀山や芒種の雲の不啻ただならず / 圭岳

夏至
げし 6月21日頃
五月

 北半球では、昼が最も長く、夜が最も短い日です。この日を境に次第に日脚が短くなって行きます。梅雨に入っていて、農家は田植えなどの農作業で忙しい毎日です。

梅雨入り・梅雨明けの平年値
  梅雨入り 梅雨明け
沖縄 5月9日ごろ 6月23日ごろ
奄美 5月11日ごろ 6月29日ごろ
九州南部(奄美を除く) 5月31日ごろ 7月14日ごろ
九州北部(山口県を含む) 6月5日ごろ 7月19日ごろ
四国 6月5日ごろ 7月18日ごろ
中国(山口県を除く) 6月7日ごろ 7月21日ごろ
近畿 6月7日ごろ 7月21日ごろ
東海 6月8日ごろ 7月21日ごろ
関東甲信 6月8日ごろ 7月21日ごろ
北陸 6月12日ごろ 7月24日ごろ
東北南部 6月12日ごろ 7月25日ごろ
東北北部 6月14日ごろ 7月28日ごろ
・2010年(平成22年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付。
・最新のデータは気象庁でお確かめください(気象庁)。

陽熱ようねつ 至極しごくし、又、日の長きのいたりたるをもってなり[暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「夏至」です。一年のうちで最も昼が長い日で、きょうを境に次第に日脚が短くなっていきます。

白衣著て禰宜ねぎにもなるや夏至のそま / 飯田蛇笏

小暑
しょうしょ 7月7日頃
六月

 この日から暑気に入り、本格的な暑さが始まるとされます。徐々に梅雨も明け始めます。暑中となり、暑中見舞いも出されるようになります。

大暑来たれる前なればなり[暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「小暑」です。暦の上では、 暑さが本格的になるころとされ、海水浴場では「海の家づくり」が始まっています。

部屋ぬちへ小暑の風の蝶ふたたび / 爽雨

大暑
たいしょ 7月23日頃
六月

 一年中で最も暑い日という意味です。しかし、実際に最も暑いのは8月上旬頃です。ほとんどの地方で梅雨明けもしくは、梅雨明け間近となります。7月20日頃が「土用の入り」 で、立秋の前日までの、夏の終わりの18~19日間が「夏の土用」です。「大暑」は、この「夏の土用」の期間にあります。

梅雨入り・梅雨明けの平年値
  梅雨入り 梅雨明け
沖縄 5月9日ごろ 6月23日ごろ
奄美 5月11日ごろ 6月29日ごろ
九州南部(奄美を除く) 5月31日ごろ 7月14日ごろ
九州北部(山口県を含む) 6月5日ごろ 7月19日ごろ
四国 6月5日ごろ 7月18日ごろ
中国(山口県を除く) 6月7日ごろ 7月21日ごろ
近畿 6月7日ごろ 7月21日ごろ
東海 6月8日ごろ 7月21日ごろ
関東甲信 6月8日ごろ 7月21日ごろ
北陸 6月12日ごろ 7月24日ごろ
東北南部 6月12日ごろ 7月25日ごろ
東北北部 6月14日ごろ 7月28日ごろ
・2010年(平成22年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付。
・最新のデータは気象庁でお確かめください(気象庁)。

暑気いたりつまりたる時節じせつなればなり[暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「大暑」です。暦の上では、一年で最も暑い日とされていますが、まだ梅雨明けが発表されず、きょうは肌寒い一日となりました。

念力のゆるめば死ぬる大暑かな / 鬼城

立秋
りっしゅう 8月8日頃
七月

 この日から立冬の前日までが、暦の上での秋です。厳しい暑さがまだまだ残っていますが、夕方の涼やかな風に秋の気配も感じられるようになってくるころで、「秋立つ」ともいいます。立秋以降の暑さを残暑といいます。この日以降に出す手紙の時候の挨拶は「残暑見舞い」です。

初めて秋の気立つがゆえなればなり[暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「立秋」です。暦の上では秋ですが、きょうは真夏の太陽が照りつけ、この夏一番の暑さとなりました。

立秋の雲の動きのなつかしき / 虚子
立秋の雨はや一過朝鏡 / 汀女
秋立つや素湯さゆ香ばしき施薬院 / 蕪村
秋立つや何に驚く陰陽師 / 蕪村

処暑
しょしょ 8月23日頃
七月

 半月ほど前に「立秋」を迎えましたが、まだまだ暑さが残っていました。しかし、それもようやくおさまり、吹く風にも涼しさが加わってきたようです。「処暑」は、暑さが止むという意味で、朝夕次第に冷気が加わってくる時季です。

陽気ようきとどまりて、初めて退しりぞきやまんとすればなり[暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「処暑」です。暦の上では、暑さも収まり吹く風にも涼しさが加わるころとされますが、まだまだ残暑が続いています。

にほの子のこゑする処暑の淡海あふみかな / 澄雄

白露
はくろ 9月8日頃
八月

 野の草に宿る白露(しらつゆ)も、秋の風情を感じさせるようになる頃。夜の内、大気が冷え込むようになり、朝がた草木などに露が宿ることが多くなります。

陰気いんきようやく重なりて、露こごりて白色はくしきとなればなり[暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「白露」です。暦の上では、草木に朝露が宿る頃とされ、日、一日と秋の気配が深まっていきます。

秋分
しゅうぶん 9月23日頃
八月

「秋分の日」で、「彼岸の中日」。「国民の祝日」です。
 この日、真東から昇った太陽は真西に沈み、昼と夜の時間がほぼ等しくなります。北半球ではこの日を境に、次第に昼が短く、夜が長くなります。この日をはさんだ前後7日間が「秋の彼岸」です。
 「暑さ寒さも彼岸まで」と言われ、この日を境に寒さが増してくるとされます。「彼岸」は、「現世を離れ極楽浄土の岸に到る」という意味の仏教の言葉で、墓前に花や線香を手向け先祖を供養する姿が見られます。

陰陽いんようの中分なればなり[暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、「秋分の日」。お彼岸の中日です。 昼と夜の時間がほぼ等しく、きょうを境に次第に昼が短く、夜が長くなります。きょうは穏やかな一日となり、各地の墓地には花束や線香を手にした家族連れなどが墓参りに訪れていました。

寒露
かんろ 10月8日頃
九月

 朝露も一段と冷たく感じられ、秋が深まってくる頃。朝晩は寒気さえ感じることもあります。

陰寒の気におうて(合って)、つゆむすび凝らんとすればなり[暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「寒露」です。暦の上では、朝露も一段と冷たく感じられ、秋も深まってくる頃とされますが、きょうは平年より気温の高い一日となりそうです。

霜降
そうこう 10月23日頃
九月

 朝夕の気温も下がり、霜も降り始める頃。秋も終わり、冬の到来が感じられます。

露が陰気に結ばれて、しもとなりて降るゆえなり[暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「霜降」です。暦の上では、霜が降り始め冬の到来が感じられる頃とされますが、けさは、暦とは逆に暖かな朝となりました。

霜降のすゑものつくる翁かな / 飯田蛇笏

立冬
りっとう 11月7日頃
十月

 この日から立春の前日までが、暦の上での冬です。日脚も短くなり、冬の気配も感じられるようになって、「冬立つ」ともいいます。
 近畿・関東では木枯らしが吹き出す頃です。

冬の気立ちめて、いよいよ冷ゆればなり[暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「立冬」です。 暦の上では、きょうから冬ですが、平年より暖かい朝となりました。

風ひびき立冬の不二痩て立つ / 水原秋桜子
立冬やとも枯れしたる藪からし / 亜浪

小雪
しょうせつ 11月22日頃
十月

 わずかながら雪が降り始める頃。本格的な冬の到来がすぐそこに感じられる時季です。寒い地方では雪が山の頂を覆い始めます。

冷ゆるがゆえに、雨も雪となりてくだるがゆえなり[暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「小雪」です。暦の上では、雪も降り始め本格的な冬を迎える頃ですが、きょうは暖かい穏やかな一日となりました。

小雪や古りしだれたる糸桜 / 飯田蛇笏

大雪
たいせつ 12月7日頃
十一月

 山の峰は雪に覆われ、寒い地方では根雪になる雪が降り始めます。北風が吹き、平地でも雪が降る頃。本格的な冬の到来です。スキー場のオープンもこの頃から。

雪いよいよ降り重ねる折からなればなり[暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「大雪」です。暦の上では、北風が吹き平地にも雪が降るころとされていますが、きょうは穏やかな一日となりそうです。

冬至
とうじ 12月22日頃
十一月

 北半球では、正午の太陽の高度が一年中で最も低く、昼が最も短く、夜が最も長い日です。この日を境に次第に日脚が長くなって行きますが、寒さはますます厳しくなって行きます。
 地方によっては、小豆粥や小豆で煮たカボチャ(冬至かぼちゃ)を食べ、冷酒を飲み、ゆず湯に入って身体を温める風習があります。

日、みなみの限りを行きて、日の短きの至りなればなり[暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「冬至」です。一年のうちで最も昼が短い日で、きょうを境に次第に日脚が長くなっていきます。

山国の虚空日わたる冬至かな / 飯田蛇笏

小寒
しょうかん 1月5日頃
十二月

 この日を「寒の入り」ともいいます。寒さが一段と厳しくなる頃で、寒中見舞いを出したりします。「寒」や「寒の内」は、この日から「節分」までのおよそ1か月間で、厳しい寒さが続きます。
 寒さの厳しい「寒」の間に、武道や音曲などの鍛錬をすることを「寒稽古」といいます。

冬至より一陽起るがゆえに、陰気に逆らうゆえ益々冷ゆるなり[暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「小寒」、「寒の入り」です。暦の上では、寒さが一段と厳しくなる頃とされ、きょうは寒気が入り込み、暦どおりの寒い一日となりました。

小寒やふるさとよりの餅一荷 / 月草

大寒
だいかん 1月20日頃
十二月

 一年中で最も寒さが厳しい時季。「大寒」は、一年で最も寒い日の意味で、その日1日だけをいいます。「小寒」は『寒の入り』ですが、「大寒」を『大寒の入り』とはいいません。一年のうちの最低気温が観測されるのもこの頃ですが、「春遠からじ」、まもなく「立春」です。「立春」になることを、「寒明け」ともいいます。

冷ゆることの至りて甚だしき時なればなり [暦便覧]

[放送などでの慣用的表現]
きょうは、二十四節気の一つ「大寒」です。 暦の上では、一年で最も寒い日ですが、けさは寒さも和らぎ、穏やかな一日となりました。

大寒といふ壁に突きあたりたる / 万太郎
・旧暦でいう、「せつ」は月の前半。「ちゅう」は月の後半。

「こよみ 便覧 べんらん 」とは

  • 「こよみ便覧」とは、江戸時代の 太 玄斎 たい げんさい 松平頼救 まつだいらよりすけ ) という人が、校訂として天明7年(1787年) に著した暦の解説書です。
    1. 注記:扉書名は「こよみ便覽」であるが、版心書名により、別名、「暦便覽」とされる。
    2. 注記:本サイトにおける引用部分での表題は「暦便覧」とした。
  • 国立国会図書館に天明7年(1787年)版と寛政10年(1798年)の再版版が、国立天文台図書室には「天文・暦書」の分類の「貴重書」として寛政10年(1798年)の再版版が収蔵されています。その他の主な収蔵施設は下記の通りです。
  • 天明7年版の版元(書林)は「日華軒・江戸通油町/ 蔦屋 つたや 重三郎」、寛政10年再版版の版元(書林)は「江戸京橋銀座四町目/駿河屋重五郎」となっています。

    ・「こよみ便覧」の全国の収蔵施設
     【天明7年(1787年)版】
    国立国会図書館 東北大学附属図書館
    宮城教育大学附属図書館 福島県立図書館
    茨城県立歴史館 東京都立中央図書館特別文庫室
    東京大学附属図書館 三康図書館(東京)
    京都府立総合資料館 大阪歴史博物館
    神宮文庫(伊勢市)  など

     【寛政10年(1798年)再版版】
    国立国会図書館 国立天文台図書室
    東京大学附属図書館 静岡県立中央図書館
    九州大学附属図書館  など
  • 本サイトの「こよみ便覧」からの引用は、国立天文台図書室が所蔵する寛政10年版 を基に、独自に漢字や振り仮名を交え、また、句点を入れるなどして読みやすくしたものです。
  • 国立国会図書館が所蔵する『こよみ便覧』をデジタルデータで引用します。
    1. 国立国会図書館が所蔵する『こよみ便覧』
      太 玄斎 たい げんさい 松平頼救 まつだいらよりすけ )校訂

      国立国会図書館が所蔵する『こよみ便覧』
      『こよみ便覧』天明7年・1787年

  • このページは、例のいくつかをあげ編集しています。
  • 学習や研究などにお使いの際は、辞典・専門書などでご確認ください。(このページを利用され、何らかの不利益や問題が生じても、当サイトは一切の責を負いかねます。あらかじめご了承ください)
  • 本サイトは編集著作物です。データの無断転載等を禁じます。著作権侵害という犯罪
こちらもオススメです…
ちょっと便利帳目次へ
お気付きの点,情報などがごさいましたら,こちらからお知らせください
ご質問にはお答え致しかねます。ご了承ください。
掲載しているデータの,法律上の “引用” の範囲を超えての無断転載・無断転用を禁じます - 見解と取り組み。
カスタム検索