立春
雨水
啓蟄
春分
清明
穀雨
立夏
小満
芒種
夏至
小暑
大暑
立秋
処暑
白露
秋分
寒露
霜降
立冬
小雪
大雪
冬至
小寒
大寒
節分
春社日
春彼岸
春土用
八十八夜
入梅
半夏生
中元
お盆・盂蘭盆
夏土用
二百十日
二百二十日
秋彼岸
秋社日
秋土用
冬土用
元日
寒の入り
人日
(じんじつ)
上巳
(じょうし)
端午
(たんご)
七夕
(しちせき)
重陽
(ちょうよう)
一月
二月
三月
四月
五月
六月
七月
八月
九月
十月
十一月
十二月
一月
二月
三月
四月
五月
六月
七月
八月
九月
十月
十一月
十二月
 弱冠、而立、不惑など  三十路、四十路など
論語について
 
 旧暦・六曜(大安、仏滅)などを調べることができます。
  仏式  神式  キリスト教・カトリック  キリスト教・プロテスタント
 指定した年の恵方を調べることができます。  地図で確認
春・秋の七草

春の七草・春の七種

[1] 春の七草とは(せり・なずな …)

 春の七草・春の七種

 はるのななくさ
※ページ内の画像は、クリックして拡大することが出来ます。
春の七草画像「せり なずな おぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ」(「おぎょう」は「ごぎょう」とも)
春の七草の寄せ植え(東京都神代植物公園 2014/01/10)「せり なずな おぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ」(「おぎょう」は「ごぎょう」とも)   春の七草の寄せ植え(東京都神代植物公園 2014/01/10)「せり なずな おぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ」(「おぎょう」は「ごぎょう」とも)

[1] 春の七草とはなんでしょうか?
春の七草を声に出して読んでみましょう。

  • 新しい年を祝い、お正月気分がまだちょっと残っている1月7日は、五節句の一つ「人日じんじつ節句せっく 」です。この日には「七草粥ななくさがゆ」を食べて邪気を祓い、一年の無病息災と五穀豊穣を祈るとされる風習があります。 [五節句とは ▶]
  • この日は、「七草」「七草の節句」「七草の祝い」などとも言われます。
  • 注:「七草」は、七種類の意味の「七種」とも書かれます。
    注:「節句」は、本来の用字は「節供」とされます。
  • では、「七草」とは何を指すのでしょうか。「七草」の起源は何でしょうか。
  • 七草の種類は、五七五七七の覚えやすい和歌調で現代に伝わります。

せり なずな おぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ
これぞななくさ

せり      なずな      御行 おぎょう      繁縷 はこべら      仏の座 ほとけのざ      すずな      蘿蔔 すずしろ     これぞ七草

注:「おぎょう」は、「ごぎょう」とも呼ばれますが、ここでの読み方は、「ごぎょうは誤り」とする植物学者・牧野富太郎博士の説に依ります。
  • では、現在言われている「七草」の種類を見てみましょう。
名称
備考
※写真は拡大することが出来ます。
セリ セリの若菜は香りが良く、お浸しなどの食用に。「七草」の時期以外でも鍋物などに使われる。 セリ科 春の七草 「セリ・芹」
植物学者・牧野富太郎博士による『図説普通植物検索表』での「セリ」の図

江戸時代後期の寛政7年・1795年に書かれた『春の七くさ・春菜考』より「セリ」の図

江戸時代後期に鹿持雅澄(1791-1858)によって書かれた『万葉集品物図絵』より「セリ」の図
ナズナ ナズナの別名はペンペングサ、シャミセングサ、バチグサなど。かつては冬の貴重な野菜で、若苗を食用にする。
江戸時代の民間での七草粥の材料は、江戸ではナズナに小松菜を加え、関西ではナズナにカブを加えた二種ほどであった。〔後述〕
アブラナ科 春の七草 「ナズナ・薺」。 別名はペンペングサ、シャミセングサ。
春の七草 「ナズナ・薺」(ペンペングサ・シャミセングサ)の花

春の七草 「ナズナ・薺」(ペンペングサ・シャミセングサ)の実

植物学者・牧野富太郎博士による『図説普通植物検索表』での「セリ」の図

江戸時代後期の寛政7年・1795年に書かれた『春の七くさ・春菜考』より「ナズナ」の図
オギョウ
(ゴギョウ)
御行
御形
オギョウは、ハハコグサ(母子草)のこと。
オギョウは、ゴギョウとも。
ハハコグサは、ホウコグサとも。
植物学者の牧野富太郎(1862-1957)は、「オギョウは御行と書くがこれをゴギョウと言うのはよくない」(『植物記』)、『ゴギョウは誤』(『図説普通植物検索表』)としている。また、「五行、五形と書くのは非」(『植物記』『植物一日一題』)としている。
キク科 春の七草 「オギョウ・ゴギョウ・御行・御形」
春の七草 「「オギョウ・ゴギョウ・御行・御形」の花

春の七草 「オギョウ・ゴギョウ・御行・御形」の種

植物学者・牧野富太郎博士による『図説普通植物検索表』での「オギョウ」の図

江戸時代後期の寛政7年・1795年に書かれた『春の七くさ・春菜考』より「オギョウ」の図
ハコベラ 繁縷
蘩蔞
ハコベのこと。古名でハクベラとも。
お浸しなどの食用にできるほか、小鳥に野菜代わりの餌として食べさせたりする。
ハクベラは「波久倍良」として、平安時代の辞書類の『新撰字鏡』や、『本草和名』『和名類聚抄』などに見られる他、『拾芥抄』に「蘩蔞」のルビとして見られる。
ナデシコ科 春の七草 「ハコベラ・繁縷」
春の七草 「ハコベ」の花

植物学者・牧野富太郎博士による『図説普通植物検索表』での「ハコベ」の図

江戸時代後期の寛政7年・1795年に書かれた『春の七くさ・春菜考』より「ハコベ」の図
ホトケノザ 仏の座 現在の紫紅色の花を付けるホトケノザではなく、タビラコ(田平子)を指し、食用にするのはコオニタビラコ(小鬼田平子)とされる。
ただし、オオバコの絵を描く文献〔古今沿革考・後述〕や、七種類の中にホトケノザとタビラコの双方をあげる文献〔壒嚢鈔・後述〕もあったりする。
現在の紫紅色の花を付けるホトケノザはシソ科だが、食には絶えられない。春の七草のタビラコはキク科で黄色い花を付ける。
タビラコは
キク科
春の七草 「ホトケノザ・仏の座」

春の七草で「ホトケノザ・仏の座」とされる「コオニタビラコ」の花。キク科

春の七草で「ホトケノザ・仏の座」とされる「コオニタビラコ」の種。キク科

シソ科の「ホトケノザ・仏の座」

植物学者・牧野富太郎博士による『図説普通植物検索表』での「ホトケノザ」の図

江戸時代後期の寛政7年・1795年に書かれた『春の七くさ・春菜考』より「ホトケノザ」の図
スズナ
鈴菜
カブ(蕪)のこと。 アブラナ科 春の七草 「スズナ・菘・鈴菜」
江戸時代後期の寛政7年・1795年に書かれた『春の七くさ・春菜考』より「スズナ」の図
スズシロ 蘿蔔
清白
ダイコン(大根)のこと。 アブラナ科 春の七草 「スズシロ・蘿蔔・清白」
江戸時代後期の寛政7年・1795年に書かれた『春の七くさ・春菜考』より「スズシロ」の図

牧野富太郎ほか著による『児童野外植物のしをり』に書かれた「春の七草」と挿絵 
1912年・明治45年(国会図書館デジタルコレクション)
  • 現在の「七草」は、上にあげた植物として一般化しています。

    せり      なずな      御行 おぎょう      繁縷 はこべら      仏の座 ほとけのざ      すずな      蘿蔔 すずしろ     これぞ七草

  • では、次から、七草の起源などについて見てみたいと思います。が、その前に、
  •  『ちょっと知識』 

     今に伝わる春の七草の起源や種類などについては、これまでの調査で分かったことなどについてこの後の項目で述べて行こうと思いますが、一点だけ、市井で誤って伝えられているのではないかと気になることがありますので、ここで簡単に記しておきます。

      それは、「せり、なずな、おぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」を『春の七草として紹介したのは』、または、『初めて出て来るのは』、または、『歌に詠んだのは』、 四辻善成 よつつじよしなり という人が1362年頃に書いたとされる『 河海抄 かかいしょう 』という書物であるとしているものが見られる点です。

     ある記述には、『鎌倉時代の『河海抄』にみえる「〈中略〉すずな すずしろ これぞ 七種 ななくさ 」の歌に詠み込まれている7種』といった表現や、「現在の7種は『河海抄』が初見」といった表現があったり、売られている七草のパックに印刷されているものなどを見かけました。

     確かに『河海抄』には『七種』が記されていますが、その表現は、「七種  なずな   繁縷 はこべら   せり   すずな   御形 おぎょう   酒々代 すずしろ   佛座 ほとけのざ 」であって、「歌」の形にはなっていません。(注:参考にした国立国会図書館所蔵の原文ではルビは振られていない)

     また、同じ種類の植物を『七種菜』として紹介している文献として、『河海抄』よりも前の1290年頃に成立した『 年中行事秘抄 ねんじゅうぎょうじひしょう 』や、1340年頃に成立した『 拾芥抄 しゅうがいしょう 』などがあります。

     また、五七五七七の和歌として登場するのは、現時点の調査では、『河海抄』より後の、1384年頃に書かれた『 梵灯庵袖下集 ぼんとうあんそでしたしゆう 』という連歌の語彙注釈集で、「せりなづな ごぎやうはこべら 仏のざ すずなすずしろ 是は七種」と記されています。この歌の作者については触れられていません。

     なお、現代に伝わる「これぞななくさ」という表現を最後の七文字とし、現代と全く同じ種類の七草を読み込んだ歌は、現時点の調査では1688年 に成立したとされる『 日本歳時記 にほんさいじき 』に見られました。

     この後の項目では、上記のような内容を、現在に残る文献の画像の引用などで見て行きたいとと思います。

  • なお、このサイトでは、いくつかの文献を引いていますが、この他にも文献や説があることも考えられ、ここに述べたことが全ての情報ではありません。皆様からのご指摘をお待ち致します。
   

  • このページは、例のいくつかをあげ編集しています。
  • 学習や研究などにお使いの際は、辞典・専門書などでご確認ください。(このページを利用され、何らかの不利益や問題が生じても、当サイトは一切の責を負いかねます。あらかじめご了承ください)
  • 本サイトは編集著作物です。データの無断転載等を禁じます。著作権侵害という犯罪
こちらもオススメです…
ちょっと便利帳目次へ
お気付きの点,情報などがごさいましたら,こちらからお知らせください
ご質問にはお答え致しかねます。ご了承ください。
掲載しているデータの,法律上の “引用” の範囲を超えての無断転載・無断転用を禁じます - 見解と取り組み。
カスタム検索