みんなの知識【ちょっと便利帳】目次へ
記号の種類・名称 通信通話表(和文) 通信通話表(欧文) モールス符号一覧 モールス信号・練習 モールス符号変換機
国際信号旗 国際信号旗で言葉を作る 手旗信号 指点字 顔文字 指文字 HTML特殊文字

モールス符号 (モールス信号)《一覧》

モールス符号・信号とは

モールス符号 (モールス信号)《一覧》

練習

別表

変換機

モールス符号 (モールス信号)《一覧》
「無線局運用規則第十二条 別表第一号 モールス符号」より

和文符号 [スピーカーマーク ( ) をクリックすると音が出ます]

※別表第一号の和文は「イロハ順」になっているが、ここでは「アイウエオ順」とした。

文字

--・-- ・-・・ -・-・-
・- -・-・・ --・-・
・・- ・・・- ---・-
-・--- -・-- ・---・
・-・・・ ---- ---・
 
-・ ・-・ -・・・
・・-・ -・-・ --・・-
・--・ ・・・・ --・・
・-・-- --・-
・・-・・ ・・-- -・・
 
-・・- ・-- ・・・
・・-・- -・・-- --・
-- -・--・
-・・・-   ---
-・・-・ ・-・-
 
濁点 ・・ -・-
   
・-・・-
半濁点 ・・--・ ・---
 
・--・・
・-・-・

和文記号

l 長音 ・--・- 、 区切点 ・-・-・-
└ 段落 ・-・-・・ ( 下向き括弧 -・--・-
) 上向き括弧   ・-・・-・ 訂正 ・・・-・
符号の線及び間隔
  1. 一線の長さは、三点に等しい。
  2. 一符号を作る各線又は点の間隔は、一点に等しい。
  3. 二符号の間隔は、三点に等しい。
  4. 二語の間隔は、七点に等しい。
    *編注:下向き括弧・上向き括弧は、法規では「括弧」という表記のみ。
    *編注:「括弧」の記号は、法規では縦書き用になっているが、便宜上横書き用を当てた。
    *編注:訂正は法規にはない。

欧文符号 [スピーカーマーク ( ) をクリックすると音が出ます]

文字

・- ・--- ・・・
-・・・ -・-
-・-・ ・-・・ ・・-
-・・ -- ・・・-
-・ ・--
・・-・ --- -・・-
--・ ・--・ -・--
・・・・ --・- --・・

・・ ・-・  

欧文記号

. 終点 ピリオド ・-・-・- , 小読点 カンマ --・・--
: 重点又は
 除法の記号
---・・・ ? 問符 ・・--・・
略符 ・----・ - 連続線、 横線
 又は減算の記号
-・・・・-
( 左括弧 -・--・ ) 右括弧 -・--・-
/ 斜線又は
 除法の記号
-・・-・ = 二重線 -・・・-
+ 十字符又は
 加算の記号
・-・-・ “” 引用符 ・-・・-・
× 乗算の記号 -・・- @ 単価記号 ・--・-・
訂正 ・・・・・・・・  
符号の線及び間隔
  1. 一線の長さは、三点に等しい。
  2. 一符号を作る各線又は点の間隔は、一点に等しい。
  3. 二符号の間隔は、三点に等しい。
  4. 二語の間隔は、七点に等しい。
    *編注:SOS は例外で、3文字を続けて1文字として打つ。
    *編注:法規には「ピリオド」「カンマ」という表記はされていない。
    *編注:訂正は法規にはない。

数字 [スピーカーマーク ( ) をクリックすると音が出ます]

・---- ・・・・- --・・・ -----
・・--- ・・・・・ ---・・  
・・・-- -・・・・ ----・

数字の略体

1
・-
4
・・・・-
7
-・・・
0
2
・・-
5
・・・・・
8
-・・  
3
・・・-
6
-・・・・
9
-・

別表第一号 モールス符号(第十二条関係)
  注
一 符号の線及び間隔
  1. 一線の長さは、三点に等しい。
  2. 一符号を作る各線又は点の間隔は、一点に等しい。
  3. 二符号の間隔は、三点に等しい。
  4. 二語の間隔は、七点に等しい。
二 航空無線通信業務における字、記号の使用方法
  1. 記号は、和文では区切点及び段落、欧文では終点、問符及び斜線に限り、その他の記号の使用は、本文を理解するために必要な場合に限る。
  2. ローマ数字を送る場合は、ROMANの語を冠して送るものとする。
三 欧文の場合における数字と文字との集合、「%」、「‰」、帯分数、分及び秒等の送信方法
  1. 数字と文字とで構成した集合は、数字と文字との間に間隔を置かずに送るものとする。
  2. 「%」又は「‰」の記号は、数字の零、斜線及び数字の零又は零零を連続して送るものとする。
  3. 帯分数は整数と分数との間に、「%」又は「‰」の記号を伴う数字は数字と「%」又は「‰」との間に連続線を送るものとする。
  4. 分の記号「’」は略符を一回、秒の記号「’’」は略符を二回送るものとする。

無線局運用規則
第十二条 モールス符号の使用
モールス無線電信による通信(以下「モールス無線通信」という)には、別表第一号に掲げるモールス符号を用いなければならない。



カスタム検索
ちょっと便利帳目次へ
お気付きの点,情報などがごさいましたら,こちらからお知らせください
ご質問にはお答え致しかねます。ご了承ください。
掲載しているデータの、法律上の“引用”の範囲を超えての無断転載・無断転用を禁じます
カスタム検索