モールス無線通信・和文の練習
モールス信号/モールス符号の練習

  • 視覚と聴覚でモールス信号を覚えることが出来ます。
  • 文字をクリックすると符号が表示され、ランプが点滅します。
  • スピーカーマーク ( ) をクリックすると音が出ます。
和文
             
             
             
             
             
             
             
       
             
           
記号
           
  
  
  
  
間隔調整
  • 編注:下向き括弧・上向き括弧は、法規では「括弧」という表記のみ。
  • 編注:「括弧」の記号は、法規では縦書き用になっているが、便宜上横書き用を当てた。
  • 編注:訂正は法規にはない。
無線局運用規則 別表第一号 モールス符号(第十二条関係)
 注
一 符号の線及び間隔
  1. 一線の長さは、三点に等しい。
  2. 一符号を作る各線又は点の間隔は、一点に等しい。
  3. 二符号の間隔は、三点に等しい。
  4. 二語の間隔は、七点に等しい。
二 航空無線通信業務における字、記号の使用方法
  1. 記号は、和文では区切点及び段落、欧文では終点、問符及び斜線に限り、その他の記号の使用は、本文を理解するために必要な場合に限る。
  2. ローマ数字を送る場合は、ROMANの語を冠して送るものとする。
三 欧文の場合における数字と文字との集合、「%」、「‰」、帯分数、分及び秒等の送信方法
  1. 数字と文字とで構成した集合は、数字と文字との間に間隔を置かずに送るものとする。
  2. 「%」又は「‰」の記号は、数字の零、斜線及び数字の零又は零零を連続して送るものとする。
  3. 帯分数は整数と分数との間に、「%」又は「‰」の記号を伴う数字は数字と「%」又は「‰」との間に連続線を送るものとする。
  4. 分の記号「’」は略符を一回、秒の記号「’’」は略符を二回送るものとする。
関連するページ

おすすめサイト・関連サイト…