ローマ字かな入力変換表 
  ひらがな ⇒ ヘボン式ローマ字変換 
  長音ローマ字の書き方 
 記号の種類/特殊文字など  

ウェブページで長音ローマ字を書く方法
= マクロン(macron)の書き方 =

  • ローマ字では、例えば「東京」「おかあさん」「ケーキ」などのように伸ばす音(長音)では、通常、長音符号を用いて「 Tōkyō 」「 okāsan 」「 kēki 」のように表記します(ヘボン式)。
  • 長音符号は、「マクロン(macron)」と呼ばれる横棒で、単独での表記は「 ¯ 」です。
  • この横棒を母音の上に加え、「 ā Ā 」「 ī Ī 」「 ū Ū 」「 ē Ē 」「 ō Ō 」のように伸ばす音を表記します。
  • このマクロンをウェブページで書く三つの方法を紹介します。
① 長音符号(マクロン)を合成する数値文字参照を併記
  • 長音にする母音に「 ̄ 」を加えます。
  •  *クリックでコピー ̄
  • 例えば、「a」に「̄」を加えて、「ā」と記述すると、「a」に横棒が合成されて「  」と表示されます。
  • この方法は、ページ内に沢山の長音がある場合の記述に便利です。
  • 「オーストラリア」「オーストリア」「デンマーク」「ハンガリー」などの文字をローマ字で書く場合、「osutoraria」「osutoria」「demaku」「hangari」とまず書いておき、長音部分に「̄」を足して、「ōsutoraria」「ōsutoria」「demāku」「hangarī」とすると、「ōsutoraria」「ōsutoria」「demāku」「hangarī」と表記されます。
  • 次の項で紹介するような、一つ一つの文字コードを調べなくても、「̄」さえ押さえておけば簡単にローマ字の長音を書くことができます。
  • 当サイトの「世界の国名一覧・ローマ字表記」でも、この方法で国の名前をローマ字で表記しています。
② マクロン付き文字実体参照を記述
  • マクロンを付加した母音英字は、文字実体参照という記述方法が用意されていて、この方法では「&」記号で始まり、「;」記号で終わるコードを書きます。
  • 例えば「A」の長音の場合は、「&」と「macr;」で「A」を囲み、「 Ā 」と書きます。
  •  各母音 大文字小文字
    クリックでコピーできます。
    Ā・ā
     Ā 
     ā 
    Ī・ī
     Ī 
     ī 
    Ū・ū
     Ū 
     ū 
    Ē・ē
     Ē 
     ē 
    Ō・ō
     Ō 
     ō 
  • マクロン付きの英字は、ウェブページの文字コードが「UTF-8」である場合はもちろん、「Shift_JIS」や「EUC-JP」などであっても表示することができます。
③ Unicodeで定義されたマクロン付き英字を記述
  • ウェブページの文字コードが「UTF-8」のようなUnicodeである場合に使えます。
  • ウェブページの文字コードがUTF-8などのUnicodeであれば、これらの文字をコピー&ペーストでHTMLソースに書くことができます。
    • Ā ā Ī ī Ū ū Ē ē Ō ō
    • *クリックでコピーできます。
  •  各母音 大文字小文字
    クリックでコピーできます。
    Ā・ā
     Ā 
     ā 
    Ī・ī
     Ī 
     ī 
    Ū・ū
     Ū 
     ū 
    Ē・ē
     Ē 
     ē 
    Ō・ō
     Ō 
     ō 
  • IMEの文字パレットや、テキストエディタでの特殊文字入力機能を使って入力することもできます。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/03/04