『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 八ツ見橋の景 =

《八ツ見橋の景》
《翻刻》
八ツ見橋の景  常盤橋と呉服橋との中央にあるを一石橋といふ 後藤両家左右にあり これを五斗にとりなしてかくは名づくるものなりとぞ 此辺より見わたせば一目に橋の八ツ見ゆる故に里俗にこの称あり

《現代表記》
八つ見橋やつみばしけい  常盤橋ときわばし呉服橋ごふくばしとの中央まんなかにあるを一石橋いちこくばしという。後藤両家ごとうりょうけ左右さゆうにあり、これを五斗ごとうにとりなしてかくは名づくるものなりとぞ。このへんより見渡せば一目ひとめに橋の八つ見ゆる故に里俗りぞくにこのしょうあり。
《八ツ見橋の景 其二》
*この地図の初期設定での中心点は一石橋付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23