『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 新大橋 萬年橋 正木の社 =

《新大橋 萬年橋 正木の社》
《翻刻》
新大橋 萬年橋 正木の社  新大橋の長さ百間 両国橋の下にあり その傍なる万年橋の柾の稲荷は霊験あり 此の辺四方に気色を備へて見所もまた多し

《現代表記》
新大橋しんおおはし 萬年橋まんねんばし 正木の社まさきのやしろ  新大橋の長さ百間ひゃっけん両国橋りょうごくばししもにあり。そのかたわらなる万年橋まんねんばしまさき稲荷いなり霊験れいげんあり。此のへん四方しほう気色けしきを備えて見所みどころもまた多し。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は新大橋・萬年橋・正木の社(正木稲荷神社)付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23