『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 目黒不動尊 =

《目黒不動尊》
《翻刻》
目黒不動尊  江都三不動の其一にて いと古き霊場なり 慈覚大師の草創といふ 本尊の霊験殊に著顕といへり 正五九月二十八日には参詣殊に夥し 門前 粟餅 飴餅花のたぐいを鬻き當所の名物とす

《現代表記》
目黒めぐろ不動尊ふどうそん  江都こうと三不動さんふどう其一そのいつにて、いと古き霊場れいじょうなり。慈覚大師じかくだいし草創そうそうという。本尊ほんぞん霊験れいげんこと著顕いちじるしといえり。正五九月しょうごくがつ二十八日には参詣さんけいことおびただし。門前、粟餅あわもち飴餅花あめもちはなのたぐいをひさ当所とうしょの名物とす。

ひさ ぐは、売る、商いをするなどの意。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は目黒不動尊付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23