『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 富士見茶屋 =

《富士見茶屋》
《翻刻》
富士見茶屋  渋谷にあり 此辺四方うち開き 遥に西を臨めば 富士の高嶺鮮明に見わたして 絶景いわんかたなし

《現代表記》
富士見茶屋ふじみちゃや  渋谷しぶやにあり、此辺このへん四方しほううち開き、はるかに西をのぞめば、富士ふじ高嶺たかね鮮明あざやかに見わたして、絶景ぜっけいいわんかたなし。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は富士見茶屋があったと思われる目黒行人坂付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23