『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 葵ヶ岡 溜池 =

《葵ヶ岡 溜池》
《翻刻》
葵ヶ岡 溜池  赤坂御門外より山王の宮の麓へ巡る むかし 玉川神田の両上水いまだ成就せざる前は この池水をもて上水にせりとぞ 池中蓮を多く植えて 夏月の遊観不忍に亜ものなり

《現代表記》
葵ヶ岡あおいがおか 溜池ためいけ  赤坂御門あかさかごもんそとより山王の宮さんのうのみやふもとめぐる。むかし、玉川神田たまがわかんだ両上水りょうじょうすいいまだ成就じょうじゅせざる前は、この池水いけみずをもて上水じょうすいにせりとぞ。池中ちちゅうはすを多く植えて、夏月かげつ遊観ゆうかん不忍しのばずつぐものなり。

*広重は、名所江戸百景     で「紀の国坂赤坂溜池遠景」として赤坂溜池を描く。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は葵ヶ岡 溜池付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。
*迅速測図で、大きな溜池が確認できる。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23