『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 赤坂桐畑 永田馬場 山王社 =

《赤坂桐畑 永田馬場 山王社》
《翻刻》
赤坂桐畑 永田馬場 山王社  この辺すべて山水の景地なりといへども 常に見なれて 人是を称することなきぞ遺憾なるべき

《現代表記》
赤坂桐畑あかさかきりばたけ永田馬場ながたばば山王社さんのうやしろ  このへんすべて山水さんすい景地けいちなりといえども、常に見なれて、人これしょうすることなきぞ遺憾いかんなるべき。

*山王社は、「日吉山王社」「日吉山王大権現社」「江戸山王大権現」「麹町山王」などと呼ばれたが、慶応4年(明治元年)以来、日枝神社。

*広重は、名所江戸百景     でも「赤坂桐畑」「赤坂桐畑雨中夕けい」を描く。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は桐畑であったと思われる付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23