『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 駿河町 =

《駿河町》
《翻刻》
駿河町  日本橋通り北の方也 この辺 すべて繁華なるうへに 三井前後の店殊に名高く 見世のかかり 土庫のさま 実に目を驚かせり この所にて西の方を臨めば 冨士が嶺正面にして四時絶景也 ゆゑに駿河町の名ありといふ

《現代表記》
駿河町するがちょう  日本橋通にほんばしどおり北のかたなり。このへん、すべて繁華はんかなるうえに、三井みつい前後のたなことに名高く、見世みせのかかり、土庫ぬりごめのさま、じつに目をおどろかせり。この所にて西のかたのぞめば、冨士が嶺ふじがね正面しょうめんにして四時しいじ絶景ぜっけいなり。故に駿河町するがちょうありという。

*この絵に描かれる通りは、現在、江戸桜通りと命名されている(2005年〈平成17年〉)。
見世みせは、店のこと。
*四時(しじ・しいじ)は、四季のこと。
*広重は、名所江戸百景     でも「するかてふ」として同じ場所を描く。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は駿河町付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23