『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 筋違 八ツ小路 =

《筋違 八ツ小路》
《翻刻》
筋違 八ツ小路  筋違橋の内也 その廣き事図の如し ここを八ツ小路といへるは この所より見渡せは 諸方への分れ路八ツあるに因てかく唱ふとぞ 初編に出せる八ツ見橋とその意おなし

《現代表記》
筋違すじかい 八ツ小路やつこうじ  筋違橋すじかいばしうちなり。そのひろき事図の如し。ここを八ツ小路やつこうじといえるは、この所より見渡せば、諸方しょほうへの分れ路わかれみち八ツあるによってかくとなうとぞ。初編しょへんいだせる八ツ見橋やつみばしとそのこころおなじ。

*広重は、名所江戸百景     でも「筋違内八ツ小路」として同じ場所を描く。

《錦絵でたのしむ江戸の名所》「八ツ広路」     (国立国会図書館)
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は筋違 八ツ小路付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23