『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 上野 二ツ堂 =

《上野 二ツ堂》
《翻刻》
其五 上野 二ツ堂  山門を入りて正面に橋掛りあり その奥の方に中堂あり いずれも金銀珠玉を鏤め その結構いはん方なし この橋掛りの左右なるを法華堂 常行堂といふ 俗に二ツ堂と唱うる是なり

《現代表記》
其五 上野うえの 二ツ堂ふたつどう   山門さんもんりて正面しょうめん橋掛はしがかりあり。その奥のかた中堂ちゅうどうあり。いずれも金銀珠玉きんぎんしゅごくちりばめ、その結構けっこういわんかたなし。この橋掛りの左右なるを法華堂ほっけどう常行堂じょうぎょうどうという、俗に二ツ堂ふたつどうとなうるこれなり。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は寛永寺根本中堂跡付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23