『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 谷中天王寺 =

《谷中天王寺》
《翻刻》
谷中天王寺  元これを感応寺といふ 文政の頃にや 寺号を改めたり 境内桜多くして 其梢繁く色を争そふ 浅黄桜と称するもの五層の塔の前にあり 春時満開のとき 樹下に来れば花の帳に座するが如く また 仙境の思ひをなせり

《現代表記》
谷中天王寺やなかてんのうじ   もとこれを感応寺かんのうじという。文政ぶんせいの頃にや、寺号じごうを改めたり。境内けいだい桜多くして、そのこずえしげく色をあらそう。浅黄桜あさぎざくらと称するもの五層ごそうの塔の前にあり。春時しゅんじ満開まんかいのとき、樹下じゅかきたれば花のとばりするが如く、また、仙境せんきょうの思いをなせり。

文政ぶんせいは、1818年から1830年。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は谷中天王寺付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23