『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 根岸の里 =

《根岸の里》
《翻刻》
根岸の里  東叡山の北の麓 すべてここを根岸といふ 元より閑雅幽栖の地にて 文人墨客の世を避るもの ここに庵を結ぶも多く 自然風雅の地となれり

《現代表記》
根岸の里ねぎしのさと   東叡山とうえいざんの北のふもと、すべてここを根岸ねぎしという。もとより閑雅かんが幽栖ゆうせいの地にて、文人ぶんじん墨客ぼっかくさくるもの、ここにいおりを結ぶも多く、自然しぜん風雅ふうがの地となれり。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は根岸の里付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23