『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 日本堤 山谷 =

《日本堤 山谷》
《翻刻》
日本堤 山谷  聖天町の末より千住にいたる長堤なり 所々見どころ多しといへども 就中吉原大門入口の辺より見わたせば 芒々たる廣野にして遥に小塚原の地蔵を見る 雪の日 殊に絶景なり

《現代表記》
日本堤にほんつつみ 山谷さんや   聖天町しょうてんちょうすえより千住せんじゅにいたる長堤ちょうていなり。所々しょしょ見どころ多しといえども、就中なかんづく吉原大門入口よしはらだいもんいりぐちへんより見わたせば、芒々ぼうぼうたる広野こうやにしてはるかに小塚原こづかはら地蔵じぞうを見る。雪の日、こと絶景ぜっけいなり。

*広重は、名所江戸百景     で「よし原日本堤」を描く。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は日本堤付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23