『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 浅草御門跡 =

《浅草御門跡》
《翻刻》
浅草御門跡  観音より西の方にあり これを東本願寺といふ 開山教如上人なり 十一月廿二日より廿八日まで開山忌また御講といひて 参詣群衆おびただし 當御堂の大なることは世の人の知る処 東都第一の大御堂なり
 新堀

《現代表記》
浅草御門跡あさくさごもんぜき  観音かんのんより西のかたにあり、これを東本願寺ひがしほんがんじという。開山かいざん教如上人きょうにょしょうにんなり。十一月二十二日より二十八日まで開山忌かいさんきまた御講おこうといいて、参詣さんけい群衆くんじゅおびただし。当御堂とうみどうおおいなることは世の人の知るところ東都とうと第一だいいち大御堂おおみどうなり。
 新堀しんぼり
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は東本願寺付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23