『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 柳原 河岸通 =

《柳原 河岸通》
《翻刻》
柳原 河岸通  浅草御門より西の方 これを神田川といひて江戸川の末流也 大川へ出るにより川舟左右に競ひ 旦より暮に至るまで盧櫂のおと引きもきらず 賑はひの地なり

《現代表記》
柳原やなぎはら 河岸通かしどおり  浅草御門あさくさごもんより西のかた、これを神田川かんだがわといいて江戸川えどがわ末流ばつりゅうなり。大川おおかわいずるにより川舟かわふね左右さゆうきそい、あしたよりくれに至るまで盧櫂ろかいのおと引きもきらず、にぎわいの地なり。

大川おおかわは、隅田川すみだがわのことで、吾妻橋周辺より下流は大川とも呼ばれた。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は柳原河岸付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23