『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 鎧の渡 =

《鎧の渡》
《翻刻》
鎧の渡  小網町の川岸にあり この所より 行徳 及び上総 木更津 登戸の便舩あるをもて 行路の貴賎おのづから集まり 夜陰におよびてこの所を出帆す

《現代表記》
鎧の渡よろいのわたし  小網町こあみちょう川岸かしにあり。この所より、行徳ぎょうとく、及び上総かずさ木更津きさらず登戸のぶと便船びんせんあるをもて、行路こうろ貴賎きせんおのずからあつまり、夜陰やいんに及びてこのところ出帆しゅっぱんす。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は鎧の渡付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23