『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 京橋 竹川岸 =

《京橋 竹川岸》
《翻刻》
京橋 竹川岸  日本橋の通り 南の方 京橋の左右 諸国の竹林を伐てこの所に聚め鬻く 大小の竹竿 幾億千万夥しともいわん方なし 遥に是をうち望まば 信濃の国に在といふ園原山の木賊だに かばかりならじと見ゆるなるべし

《現代表記》
京橋きょうばし 竹川岸たけがし  日本橋にほんばしとおり、南のかた京橋きょうばし左右さゆう諸国しょこく竹林ちくりんきってこの所にあつひさぐ。大小だいしょう竹竿ちっかん幾億千万いくおくせんまんおびただしともいわんかたなし。はるかこれをうちのぞまば、信濃しなのの国にありという園原山そのはらやま木賊とくさだに、かばかりならじと見ゆるなるべし。

ひさ ぐは、売る、商いをするなどの意。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は京橋 竹川岸(竹河岸)付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23