『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 普門院境内 御腰掛の松 =

《普門院境内 御腰掛の松》
《翻刻》
普門院境内 御腰掛の松  亀戸村天満宮の傍にあり むかし 大樹 放鷹の砌 ここに立ちよらせられ 松の屈曲せる所へ御腰を懸られたるより 囲みをなして人を近付ず 夫より年暦を経て 千年の緑をあらわし愛たき大樹となれり

《現代表記》
普門院境内ふもんいんけいだい 御腰掛の松おんこしかけのまつ   亀戸村かめどむら天満宮てんまんぐうかたわらにあり。むかし、大樹たいじゅ放鷹ほうようみぎり、ここにちよらせられ、松の屈曲くっきょくせるところへ御腰をかけられたるより、かこみをなして人を近付ちかづけず。それより年暦ねんれきて、千年ちとせみどりをあらわしめでたき大樹たいじゅとなれり。

亀戸かめどは、現在は「かめいど」と呼ばれる。
*ここでの、一つ目の大樹たいじゅは将軍のこと。中国故事の大樹将軍から将軍の異称。
放鷹ほうようは、鷹狩たかが りをすること。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は普門院付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23