『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 市川の渡し =

《市川の渡し》
《翻刻》
市川の渡し  下総への海道にして景色甚よし 左の方には名にしおふ鴻の台を見はらし 利根の遠帆雲外に航る 四時の眺望尽ることなし

《現代表記》
市川いちかわ渡しわたし   下総しもうさへの海道かいどうにして景色けいしょくはなはだよし。ひだりかたには名にしおう鴻の台こうのだいを見はらし、利根とね遠帆えんぱん雲外うんがいはしる。四時しいじ眺望ながめつきることなし。

*四時(しじ・しいじ)は、四季のこと。
*広重は、名所江戸百景     で「鴻の台とね川風景」を描く。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は市川の渡し付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23