『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 牛込 揚場 =

《牛込 揚場》
《翻刻》
牛込 揚場  牛込御門外北のかた 船河原橋より南のかた 町武の第宅軒を並べ 東南のかたは御堀にて 材木および米噌はさらなり 酒醤油始め諸色を載てここに集えり 舩 丘をなせり 故に揚場名は負けらし これより四谷 赤坂辺まで運送す 因てこの所の繁華山の手第一とせり

《現代表記》
牛込うしごめ 揚場あげば   牛込御門外北のかた、船河原橋ふねかわらばしより南のかた、町武ちょうぶ第宅ていたくのきを並べ、東南のかたは御堀にて、材木ざいもくおよび米噌べいそはさらなり。酒醤油しょうゆ始め諸色しょしきのしてここにつどえり。船、おかをなせり。故に揚場あげば名はおいけらし。これより四谷よつや赤坂あかさかへんまで運送うんそうす。よってこの所の繁華はんか山の手第一だいいちとせり。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は牛込揚場付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23