『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 谷中 切通 =

《谷中 切通》
《翻刻》
谷中 切通  此所思ふに 恐らくは 古へ上野の山つづきにて岳なりけんを 何時の世にか谷中への便路とて切ひらきたる物なるへし さる故に 左右は高く往来の路は凹なり 因て松柏杉檜 弥が上に繁茂して日光を覆い月を障ふ 故に盛夏も暑を覚えす 所々にささやかなる茶店を出して茶を鬻ぎ 団子等を售る

《現代表記》
谷中やなか 切通きりどおし   此所ここおもうに、おそらくは、いにしえ上野うえのの山つづきにておかなりけんを、何時いつの世にか谷中への便路べんろとてきりひらきたるものなるべし。さるゆえに、左右は高く往来ゆききみちなかくぼなり。よっ松柏杉檜しょうはくすぎひのきいやが上に繁茂はんもして日光にっこうおおい月をささう。ゆえ盛夏せいかしょおぼえず。所々しょしょにささやかなる茶店さてんを出してちゃひさぎ、団子だんごとうる。

ひさ ぐは、売る、商いをするなどの意。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23