『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 高田 富士山 =

《高田 富士山》
《翻刻》
高田 富士山  同所宝泉寺水稲荷の境内にありて 餘の冨士と等しからず 六月十八日まで参詣せしめ 麦藁の蛇等を售る茶店を出し 諸商人出て数日の間賑ひまされり

《現代表記》
高田たかだ 富士山ふじさん   同所どうしょ宝泉寺ほうせんじ水稲荷みずいなり境内けいだいにありて、冨士ふじひとしからず。六月十八日まで参詣さんけいせしめ、麦藁の蛇むぎわらのじゃとう茶店さてんいだし、諸商人しょあきんどいで数日すじつあいだにぎわいまされり。

麦藁の蛇むぎわらのじゃは、麦藁蛇むぎわらへび とも。麦わら細工の蛇を縁起物として境内で売っていた。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は高田富士山付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23